アガステネース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

アガステネース古希: Αγασθένης, Agasthenēs)は、ギリシア神話の人物である。長母音を省略してアガステネスとも表記される。

エーリス地方の王アウゲイアースの子で[1][2]ピューレウス[3][4]、アガメーデー[5]、エピカステーと兄弟[6]。妻ペローリスとの間に[7]ポリュクセノスをもうけた[1][8][9][7]

ヘーラクレースがエーリス地方を占領したとき、かつてアウゲイアースと裁判で争ったさいに自分の味方をしたピューレウスをドゥーリキオンから呼び戻し、エーリスの王とした[10]。しかしピューレウスはエーリスの国制を制定した後にドゥーリキオンに帰った。そのためアウゲイアースの死後、アガステネースが父の王権を継いだ[2]

アポロドーロスもヘーラクレースはピューレウスに王権を与えたとしているが、アウゲイアースとその息子たちは殺されたことになっている[11]

脚注[編集]

  1. ^ a b 『イーリアス』2巻624行。
  2. ^ a b パウサニアス、5巻3・3。
  3. ^ アポロドーロス、2巻5・5。
  4. ^ パウサニアス、5巻1・10。
  5. ^ 『イーリアス』11巻740行。
  6. ^ アポロドーロス、2巻7・8。
  7. ^ a b ヒュギーヌス、97話。
  8. ^ アポロドーロス、3巻10・8。
  9. ^ パウサニアス、5巻3・4。
  10. ^ パウサニアス、5巻3・1。
  11. ^ アポロドーロス、2巻7・2。

参考文献[編集]

関連項目[編集]