ペイリトオス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ペイリトオス古希: Πειρίθοος, Peirithoos, ラテン語: Pirithous)は、ギリシア神話に登場する人物である。ペイリトゥース古希: Πειρίθους, Peirithūs)、長母音を省略してペイリトゥスともいう。

ラピテース族の王イクシーオーンとディーアの息子。ゼウスとディーアの子という説もある。ヒッポダメイアの夫で、ポリュポイテースの父。テーセウスの盟友として、数々の苦難をともにした。アルゴナウタイの一人。

神話[編集]

テーセウスとの出会い[編集]

アテーナイの英雄テーセウスの名声を聞いたペイリトオスは、テーセウスを試そうとアッティカに侵入し、マラトーンで家畜の牛の群れを追い払った。すぐにテーセウスが駆けつけてきてペイリトオスに立ち向かったが、二人はお互いの気高い容姿に惹かれ、家畜のことを忘れて友情を誓い合う仲となった。ペイリトオスはテーセウスとともに、カリュドーンの猪狩りやアマゾーンの攻略に参加した。

ヒッポダメイアとの結婚[編集]

ペイリトオスはブーテースの娘ヒッポダメイアと結婚し、テーセウスも花嫁の介添え役として結婚式に出席した。祝宴にはオリンポスの神々やケンタウロスたちが招かれた。ケンタウロスはペイリトオスの父イクシーオーンとネペレーの子孫で、従兄弟の間柄にあった。しかし、ケンタウロスたちは葡萄酒を飲むのは初めてで、水で薄めて飲むこともしなかったため、宴席でしたたかに酔って騒ぎ出した。花嫁のヒッポダメイアが挨拶に来ると、エウリュティオーンまたはエウリュトスというケンタウロスがヒッポダメイアをさらって犯そうとした。他のケンタウロスたちも次々に近くの女たちに襲いかかった。ペイリトオスはテーセウスとともにケンタウロスたちを追いかけてエウリュティオーンを殺し、ヒッポダメイアを救い出した。さらにテーセウスは逃げるケンタウロスを追撃して殺した。

ケンタウロス族との争い[編集]

争いは日没までつづき、この間、ラピテース族のカイネウスが命を落とした。カイネウスはもともと女でカイニスという名前だったが、ポセイドーンと交わったとき、望みを聞かれて、どんな武器でも傷つかない肌をもつ屈強な男にしてもらっていた。ケンタウロスたちはカイネウスに襲いかかったが、カイネウスはかすり傷一つ負わずにたちまち数人を倒した。しかし、生き残ったケンタウロスたちは丸太でカイネウスの頭を打ちつけ、身体を地面にめり込ませた上に、丸太を山のように積み重ねたので、カイネウスは窒息してしまった。

オウィディウス変身物語」では、ネストールもこの婚礼に招かれていて、トロイア戦争の兵達の休息の際にこの顛末についてアキレウスたちに語っている。

この日の戦いはペイリトオスたちの勝利に終わったが、これによって始まったラピテース族とケンタウロス族の反目は長くつづき、後にラピテース族はケンタウロス族によってイクシーオーンの土地から追われることになった。この争いは、神々のうちで結婚式に招かれなかったアレースエリスの企みだったともいわれる。

ヘレネーの略奪[編集]

ペイリトオスの妻ヒッポダメイアとテーセウスの妻パイドラーが死ぬと、二人は新しい結婚相手を捜すようになった。ペイリトオスはテーセウスに、ゼウスの娘で美女と評判のヘレネーを連れ去ろうと相談を持ちかけた。二人は、ヘレネーの略奪に成功したときは、くじを引いて勝った方がヘレネーをとること、勝った方は負けた方のために、もう一人ゼウスの娘をさらってくること、を誓い合った。二人はスパルタに潜入、アルテミスの神殿にいたヘレネーをさらって逃げた。

くじに勝ったのはテーセウスだった。しかし、テーセウスは、ヘレネーの兄弟で守護者である双子ディオスクーロイカストルポリュデウケースの追跡と復讐を恐れ、同時にこの結婚はアテーナイの民の支持も得られないのではないかと危惧した。また、ヘレネーはこのとき12歳だったといい、結婚には若すぎることを考慮して、アピドナイの地にヘレネーを送って隠し、自分の母親アイトラーに保護を託した。後にテーセウスの予想は的中し、ディオスクーロイはヘレネーを奪還し、アイトラーも捕虜とされ、そしてテーセウスはアテーナイの王位を逐われた。

忘却の椅子[編集]

くじに負けたペイリトオスが誰を妻に選ぶべきかゼウスの神託を伺ったところ、「わが娘でもっとも高貴なペルセポネーをなぜ妻としないのか」というお告げがあった。これは皮肉とも警告とも受け取れたが、ペイリトオスは真に受けてタルタロスに入ることとし、テーセウスにともに行くよう求めた。タルタロスに入って戻れた人間はオルペウスシーシュポスくらいでごく希であり、さすがのテセウスもこの話には気が乗らなかったが、結局誓いに縛られて同行した。二人は冥界に赴き、ハーデースの面前に立った。ハーデースに勧められて二人が椅子に腰掛けたところ、その椅子は「忘却の椅子」であった。椅子に捕らえられた二人はたちまち何もかも忘れて座りつづけた。

4年後、ヘーラクレースケルベロスを生け捕りにするためにタルタロスに降りてきたとき、テーセウスとペイリトオスは椅子に座ったままだった。二人は口もきけず、ただ手をさしのべて助けを求めた。ヘーラクレースはテーセウスを解放したが、このときテーセウスの尻の肉の一部が椅子に張り付いたまま残ったという。次にペイリトオスを椅子から助け起こそうとしたとき、大地が振動した。ヘーラクレースはペイリトオスを助け出すことができないことを悟り、そのまま脱出したという。

これには、ヘーラクレースは二人とも助けたという説、逆に二人とも助けられなかったという説がある。このほか、テーセウスとペイリトオスはイアーソーン率いるアルゴナウタイに参加したともいうが、アルゴー船の冒険は二人がタルタロスに幽閉されていたときのことで、どちらも参加していないとする説もある。

系図[編集]

 
 
 
 
ガイア
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ペーネイオス
 
クレウーサ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヒュプセウス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ダプネー
 
スティルベー
 
アポローン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
キューレーネー
 
アポローン
 
 
 
 
 
 
 
 
ラピテース
 
ケンタウロス
 
アイネウス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
テミストー
 
 
 
 
 
アリスタイオス
 
 
 
アステュアギュイア
 
ペリパース
 
アミュターオーン
 
 
 
 
 
ポルバース
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
レウコーン
 
 
 
 
アクタイオーン
 
 
 
 
 
アンティオーン
 
 
 
ペリメーレー
 
 
 
アウゲイアース
 
アクトール
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アンドレウス
 
エウイッペー
 
 
 
 
 
 
アタマース
 
 
 
ネペレー
 
イクシーオーン
 
ディアー
 
ゼウス
 
 
モリオネ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エテオクレース
 
 
ケーピソス
 
プリクソス
 
ヘレー
 
ケンタウロス族
 
 
 
 
ペイリトオス
 
ヒッポダメイア
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ポリュポイテース