アルゴー船

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ヨハネス・ヘヴェリウスの星図に描かれたアルゴー船

アルゴー船(アルゴーせん、Argo)は、ギリシア神話に登場する巨大なの名前である。アルゴ船アルゴー号とも。

船大工プリクソスの子アルゴス英語版が建造したので、彼の名から命名された。イオールコス英雄イアーソーンコルキスの黄金の羊の毛皮(金羊毛すなわちゴールデン・フリース)を求める冒険のために建造された。アルゴー船の乗組員には、勇士50人が募集され、これに応じてヘーラクレース、双子のカストールポリュデウケースオルペウスリュンケウスなど、ギリシア神話で活躍する英雄たちが乗り込んだとされる。彼らをアルゴナウタイと称する。

アルゴー船を扱った作品[編集]

ホメーロスの『オデュッセイア』(紀元前8世紀頃)が、アルゴー船に言及した作品としては現存する中で最も古く、第12書でキルケーアルゴナウタイについて物語る。アルゴー船の冒険を主題とした作品としては、ロドスのアポローニオスによる叙事詩アルゴナウティカ』(紀元前3世紀頃)が現存最古である。

映画アルゴ探検隊の大冒険』(1963年)はレイ・ハリーハウゼンの代表作として知られている。クライマックスの骸骨との剣闘は、特撮史に残る名場面として名高い。

アルゴー船をモチーフとしたもの[編集]

関連項目[編集]