ヘレー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
プリクソスとヘレー

ヘレー古希: Ἕλλη, Hellē)は、ギリシア神話に登場する人物である。長母音を省略してヘレとも表記される。テッサリアーの王女で、アタマースあるいはイクシーオーンネペレーの娘、プリクソスの妹。アタマンティスAthamantis、アタマースの娘の意)ともいう。

兄のプリクソスと共に継母のイーノーに殺されそうになったため、黄金の羊に乗って逃亡したが、ヘレーは途中で海に落ちた。その海はヘレーの名を取ってヘレースポントスヘレスポントスHellesponts)と呼ばれるようになった。

一説によればポセイドーンに救われ、パイオーンエードーノスアルモープスを産んだともいわれる。

系図[編集]

 
 
カドモス
 
 
 
 
 
アイオロス
 
エナレテー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
セメレー
 
イーノー
 
 
 
 
 
アタマース
 
 
ネペレー
 
 
 
ヒュプセウス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ディオニューソス
 
レアルコス
 
メリケルテース
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
テミストー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アイエーテース
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
レウコーン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
カルキオペー
 
プリクソス
 
ヘレー
 
エウイッペー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アルゴス
 
キュティッソーロス
 
プロンテス
 
メラース
 
プレスボーン
 
 
 
 
 
 
 
 
 


関連項目[編集]