テミストー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

テミストー古希: Θεμιστώ, Themistō)は、ギリシア神話の女性である。長母音を省略してテミストとも表記される。ラピテース族の王[1]ヒュプセウスの娘で[2][3][4][5]、アステュアギュイア[6]キューレーネーと姉妹[7][8]。通常、テミストーはボイオーティア地方の王アタマースの第3の妻で、アタマースとの間にレウコーン、エリュトリオス、スコイネウス、プトーオスを生んだ[2]。あるいはスピンキオス、オルコメノスを生んだ[3]

神話[編集]

アタマースはディオニューソスを育てたためにヘーラーの怒りで狂気し、息子レアルコスを殺し、イーノーメリケルテースの遺体とともに海に身を投げた[9]。アタマースはその後、ボイオーティアから追放され、アタマンティアーに居住し、テミストーと結婚した[2]

ヒュギーヌスによれば、テミストーはアタマースがイーノーと結婚したため、イーノーが生んだ子供たちを殺そうと考えたが、乳母にだまされて自分の子供たちを殺してしまった。そしてそのことを知ったテミストーは自殺した[3]

さらに別の話では、アタマースは妻イーノーが行方不明になったとき、死んでしまったと思ってテミストーと結婚した。しかしアタマースはイーノーがディオニューソスの秘儀に参加するためにパルナッソス山にいることを知って、密かに連れ戻した。テミストーはイーノーが戻ってきたことは知ったが、誰がイーノーであるかは分からなかったので、イーノーの子供たちを殺そうと考え、1人の女奴隷に打ち明けて協力させようとした。ところがその女性こそイーノーだったのであり、イーノーはテミストーが自分の子供に白い服を着せ、イーノーの子供に黒い服を着せるよう命じられたのを逆に着せた。このためテミストーは、黒い服を着ている子供たちが実は自分の子供であることに気づかずに殺してしまい、その後で真実を知って自殺した[10][注釈 1]

系図[編集]

 
 
 
 
ガイア
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ペーネイオス
 
クレウーサ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヒュプセウス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ダプネー
 
スティルベー
 
アポローン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
キューレーネー
 
アポローン
 
 
 
 
 
 
 
 
ラピテース
 
ケンタウロス
 
アイネウス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
テミストー
 
 
 
 
 
 
 
 
アリスタイオス
 
 
 
アステュアギュイア
 
ペリパース
 
アミュターオーン
 
 
 
 
 
ポルバース
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
レウコーン
 
スコイネウス
 
 
 
アクタイオーン
 
 
 
 
 
アンティオーン
 
 
 
ペリメーレー
 
 
 
アウゲイアース
 
アクトール
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アンドレウス
 
エウイッペー
 
 
アタランテー
 
 
 
 
アタマース
 
 
 
ネペレー
 
イクシーオーン
 
ディアー
 
ゼウス
 
 
モリオネ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エテオクレース
 
 
ケーピソス
 
 
 
 
プリクソス
 
ヘレー
 
ケンタウロス族
 
 
 
 
ペイリトオス
 
ヒッポダメイア
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ポリュポイテース
 


脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ テミストーはここではニュムペーの娘となっている。

脚注[編集]

  1. ^ ピンダロス『ピュティア祝勝歌』第9歌14行。
  2. ^ a b c アポロドーロス、1巻9・2。
  3. ^ a b c ヒュギーヌス、1話。
  4. ^ ヒュギーヌス、239話。
  5. ^ ヒュギーヌス、243話。
  6. ^ シケリアのディオドロス、4巻69・3。
  7. ^ シケリアのディオドロス、4巻81・1。
  8. ^ ピンダロス『ピュティア祝勝歌』第9歌13行-18行。
  9. ^ アポロドーロス、3巻4・3。
  10. ^ ヒュギーヌス、4話。

参考文献[編集]

関連項目[編集]