イーピクレース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

イーピクレース古希: Ἰφικλῆς, Īphiklēs)は、ギリシア神話の人物である。長母音を省略してイピクレスとも表記される。

アムピトリュオーンアルクメーネーの子で、ゼウスの子ヘーラクレースと異父兄弟[1]。アルカトゥースの娘アウトメドゥーサとの間にイオラーオスを、また新たにクレオーンの娘を妻として[2]2人の子をもうけた。しかしクレオーンの娘との間に生まれた子供は気が狂ったヘーラクレースに殺された[3]。一説によるとイオペーという娘がいて、テーセウスの妻になった[4]

カリュドーンの猪狩りに参加したが[5]、参加したのは子のイオラーオスのほうだともいわれる[6][7]

神話[編集]

ゼウスはアムピトリュオーンがプテレラーオスとの戦争に勝利してテーバイに帰還する前夜、アムピトリュオーンの姿を借りてアルクメーネーを訪れた。このためアルクメーネーはゼウスとアムピトリュオーンの子を身ごもり、出産のとき最初にヘーラクレースが生まれ、その一夜後にイーピクレースが生まれた[8][9]

ヘーシオドスによるとイーピクレースはヘーラクレースを迫害したエウリュステウスに仕えたが、後からそのことを後悔したとされる[10]、逆にイーピクレースの子イオラーオスはヘーラクレースに従った。

後にヘーラクレースがラケダイモーンヒッポコオーンと戦ったとき、イーピクレースも戦いに加わり、ケーペウスやその子供たちとともに戦死した[11]。しかしイーピクレースが死んだのはエーリスアウゲイアースと戦ったときで、モリオネに傷を負わされ、アルカディアのペネオスに運ばれてブーパゴスとプロームネーに看病されたが、この地で死んだともいわれる。ペネオスにはイーピクレースの墓があり[12]、英雄として祀られたという[13]

なお、ソポクレース悲劇『イーピクレース』を作ったが散逸した[14]

系譜[編集]

 
ピューラース
 
 
 
アルクメーネー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
メーダ
 
ヘーラクレース
 
イーピクレース
 
クレオーン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アンティオコス
 
 
 
イオラーオス
 
メガラー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ピューラース
 
 
 
 
 
レイペピレー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヒッポテース
 
テーロー
 
アポローン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アレーテース
 
 
 
カイローン
 
 


脚注[編集]

  1. ^ アポロドーロス、2巻4・8。
  2. ^ アポロドーロス、2巻4・11。
  3. ^ アポロドーロス、2巻4・12。
  4. ^ プルタルコス「テーセウス伝」29。
  5. ^ アポロドーロス、1巻8・2。
  6. ^ オウィディウス変身物語』8巻。
  7. ^ ヒュギーヌス、173話。
  8. ^ アポロドーロス、2巻4・8。
  9. ^ テオクリトス、第24歌3。
  10. ^ ヘーシオドスヘーラクレースの楯』90-93。
  11. ^ アポロドーロス、2巻7・3。
  12. ^ パウサニアス、8巻14・9。
  13. ^ パウサニアス、8巻14・10。
  14. ^ 岩波書店『ギリシア悲劇全集11 ソポクレース断片』。

参考文献[編集]

関連項目[編集]