テーロー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

テーロー古希: Θηρώ, Thērō)は、ギリシア神話の女性である。長母音を省略してテロとも表記される。主に、

の2名が知られている。以下に説明する。

アレースの乳母[編集]

このテーローは、軍神アレースの乳母。スパルタにおけるアレース・テーリタース信仰はディオスクーロイコルキスから持ち帰ったと伝えられるアレース神像に由来するが[1]、異名のテーリタースは乳母のテーローから取られている。しかしパウサニアスギリシア人の間ではアレースの乳母をテーローとする伝承は知られておらず、コルキス人からアレースの異名が伝わった際に乳母の伝承も伝わったのではないかと述べている[2]

ピューラースの娘[編集]

このテーローは、イオラーオスメガラーの娘レイペピレーとピューラース(ヘーラクレイダイの1人アンティオコスの子)の娘で、ヒッポテースと兄妹[3]アポローン神との間にカイローンを生んだ[4][3]ヘーシオドスは彼女の美しさを夜空に輝くに喩えた[3]ボイオーティア地方のカイローネイアの地名は彼女の息子のカイローンに由来するという[4][5]

系譜[編集]

アムピトリュオーン
 
 
 
 
 
アルクメーネー
 
 
 
ゼウス
 
ピューラース
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
クレオーン
 
イーピクレース
 
アウトメドゥーサ
 
 
 
ヘーラクレース
 
メーダ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
メガラー
 
 
 
イオラーオス
 
 
 
 
 
 
 
アンティオコス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
レイペピレー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ピューラース
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヒッポテース
 
テーロー
 
アポローン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アレーテース
 
 
 
カイローン
 
 
 


その他のテーロー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ パウサニアス、3巻19・7。
  2. ^ パウサニアス、3巻19・8。
  3. ^ a b c ヘーシオドス断片(パウサニアス、9巻40・6による引用)。
  4. ^ a b パウサニアス、9巻40・5。
  5. ^ ビューザンティオンのステファノス英語版
  6. ^ クラウディアヌス

参考文献[編集]