中務哲郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

中務 哲郎(なかつかさ てつお、1947年2月24日[1] - )は西洋古典学者、古代ギリシア文学研究者、京都大学名誉教授。

大阪府大阪市生まれ[1]大阪府立天王寺高等学校卒、1969年京都大学文学部西洋古典学卒、1975年同大学院西洋古典学博士課程満期退学。松平千秋門下生、岡道男藤縄謙三の指導も受けた。1975-1979年京大文学部助手、1980年京都産業大学専任講師、1984年助教授、1987年京大文学部助教授、1994年「古代説話研究」で京大文学博士、同年教授となった。2010年定年により名誉教授[2]。同年6月より、日本西洋古典学会委員長(第10代、前任は内山勝利)に就いた。〈西洋古典叢書〉(京都大学学術出版会)編集委員でもある。

2014年、『ヘシオドス 全作品』の訳により第65回読売文学賞(研究・翻訳賞)受賞。

著書[編集]

  • 『物語の海へ―ギリシア奇譚集』岩波書店・シリーズ<物語の誕生> 1991
  • イソップ寓話の世界』ちくま新書 1996
  • 『饗宴のはじまり 西洋古典の世界から』岩波書店 2003
  • ヘロドトス歴史』―世界の均衡を描く』岩波書店・シリーズ<書物誕生> 2010
  • 『極楽のあまり風-ギリシア文学からの眺め』ピケナス出版 2014、増補版2016

共著[編集]

翻訳[編集]

[編集]

  1. ^ a b 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.332
  2. ^ 中務哲郎教授略年譜