カッシオペイア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

カッシオペイア古希: Κασσιόπεια, Kassiopeia, ラテン語: Cassiopeia)、あるいはカッシオペー古希: Κασσιόπη, Kassiopē, ラテン語: Cassiope)は、ギリシア神話に登場する女性である。日本語ではカシオペイアカシオペアとも表記される。エティオピアケーペウスの妃で、アンドロメダーの母。カッシオペイアとアンドロメダーの物語は広く知られているが、カッシオペイアの夫が誰であるかについては異説も多い。

解説[編集]

A Uranometria Johann Bayer (1661)

カッシオペイアは自分の美しさを鼻にかけ、ネーレーイスたちよりも美しいと自慢した。しかしこの言葉がネーレーイスたちの怒りをかい、ネーレーイスたちは海神ポセイドーンに訴えた。そこでポセイドーンは海の怪物(ケートス)を送ってエティオピアを荒らさせた。このためケーペウスとカッシオペイアは娘を怪物の生贄に供さなければならなかったが、アンドロメダーは英雄ペルセウスによって救い出されたとされる。

ちなみにヒュギーヌスは、カッシオペイアが自慢したのは自分の美しさではなく、アンドロメダーの美しさであったとしている[1]

 
 
 
 
アクリシオス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ダナエー
 
ゼウス
 
 
 
ケーペウス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ペロプス
 
 
 
ペルセウス
 
 
 
 
 
アンドロメダー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アステュダメイア
 
アルカイオス
 
 
 
 
 
 
ステネロス
 
ヘレイオス
 
メーストール
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アナクソー
 
エーレクトリュオーン
 
エウリュステウス
 
 
オイバロス
 
 
 
ゴルゴポネー
 
 
 
ペリエーレース
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アムピトリュオーン
 
 
 
アルクメーネー
 
ゼウス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イーカリオス
 
アパレウス
 
レウキッポス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
テュンダレオース
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イーピクレース
 
デーイアネイラ
 
ヘーラクレース
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ペーネロペー
 
リュンケウス
 
イーダース
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イオラーオス
 
 
 
ヒュロス
 
 
カストール
 
ポリュデウケース
 
クリュタイムネーストラー
 
ヘレネー
 



脚注[編集]

  1. ^ ヒュギーヌス、64。

参考文献[編集]

関連項目[編集]