ステネロス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ステネロス古希: Σθένελος, Sthenelos, ラテン語: Sthenelus)は、ギリシア神話の人物である。主に、

のほか数名が知られている。以下に説明する。

ペルセウスの子[編集]

このステネロスは、ミュケーナイ王ペルセウスとアンドロメダーの子で、ペルセウスアルカイオスヘレイオスメーストールエーレクトリュオーンゴルゴポネーと兄弟。ペロプスの娘ニーキッペーとの間にアルキュオネー、メドゥーサ、エウリュステウスをもうけた[1]

エーレクトリュオーンがミュケーナイ王のとき、アムピトリュオーンは誤ってエーレクトリュオーンを殺してしまったので、ステネロスはアムピクトリュオーンを追放してミュケーナイの王となり、ペロプスの子アトレウステュエステースを呼んでミデアを支配させた[2]。後にゼウスが次に生まれるペルセウスの子孫をミュケーナイの王にすると宣言したとき、嫉妬したヘーラーアルクメーネーの出産を止め、ステネロスの子が早く生まれるようにした。この結果ヘーラクレースより早く生まれたエウリュステウスがミュケーナイの王となった[3][1]。一説にステネロスはヘーラクレースの子ヒュロスに殺されたという[4]

系図[編集]

 
 
 
 
アクリシオス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ダナエー
 
ゼウス
 
 
 
ケーペウス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ペロプス
 
 
 
ペルセウス
 
 
 
 
 
アンドロメダー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アステュダメイア
 
アルカイオス
 
 
 
 
 
 
 
 
ステネロス
 
ニーキッペー
 
メーストール
 
リューシディケー
 
ヘレイオス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アナクソー
 
エーレクトリュオーン
 
ミデア
 
エウリュステウス
 
ポセイドーン
 
ヒッポトエー
 
オイバロス
 
 
 
ゴルゴポネー
 
 
 
ペリエーレース
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アムピトリュオーン
 
 
 
アルクメーネー
 
ゼウス
 
リキュムニオス
 
 
 
 
 
タピオス
 
 
 
テュンダレオース
 
イーカリオス
 
アパレウス
 
レウキッポス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イーピクレース
 
アウトメドゥーサ
 
ヘーラクレース
 
デーイアネイラ
 
オイオーノス
 
 
 
プテレラーオス
 
 
 
 
 
 
 
 
ペーネロペー
 
リュンケウス
 
イーダース
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イオラーオス
 
メガラー
 
ヒュロス
 
イオレー
 
 
 
 
 
コマイトー
 
カストール
 
ポリュデウケース
 
クリュタイムネーストラー
 
ヘレネー
 
 
 


アクトールの子[編集]

このステネロスは、アクトールの子である。ヘーラクレースがヒッポリュテーの帯を取りに行った冒険に参加したが、アマゾーンとの戦いで負傷し、帰途の航海の途中で死に、パフラゴニア英語版の海岸に葬られた。後にアルゴナウタイが近くを航海したとき、ステネロスはペルセポネーに願って地上に戻ることを許され、墓からアルゴー船を眺めた後に再び冥府に戻った。アルゴナウタイは驚き、モプソスの勧めで上陸し、ステネロスを供養した[5]

アンドロゲオースの子[編集]

このステネロスは、クレータ島の王ミーノースの子アンドロゲオースの子で、アルカイオスと兄弟。パロス島の人で、ヘーラクレースがヒッポリュテーの帯を取りに行くときに立ち寄り、アルカイオスとともに選ばれて冒険に参加した。その後、ヘーラクレースは帰りにトラーキア人が支配していたタソス島を征服し、ステネロスとアルカイオスに与えた[6]

カパネウスの子[編集]

このステネロスは、カパネウスとイーピスの娘[7]あるいはピュラコスの娘エウアドネーの子[8][9]キュララベース[10]コメーテースの父[11]

ステネロスはエピゴノイの1人で[12][13][14]、一説にディオメーデースとともにアグリオスの子リュコーペウスを討った[15]。またヘレネーの求婚者の1人で[16][17]トロイア戦争ではディオメーデース、エウリュアロスとともにアルゴスの武将の1人としてギリシア軍に参加した[18]

ステネロスはディオメーデースの戦車の御者を務め、ディオメーデースがアイネイアースパンダロスと戦い、パンダロスを討ち、アイネイアースに深手を負わせたとき、ディオメーデースの言いつけどおりにアイネイアースの名馬を奪った[19]。戦後、ステネロスは戦利品としてイーリオスで崇拝されていた「内庭のゼウス」の神像を得て、帰国したのちにアルゴスのアクロポリスに祀った[20][21]

その他のステネロス[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b アポロドーロス、2巻4・5。
  2. ^ アポロドーロス、2巻4・6。
  3. ^ 『イーリアス』19巻。
  4. ^ ヒュギーヌス、244話。
  5. ^ ロドスのアポローニオス、2巻911行-929行。
  6. ^ アポロドーロス、2巻5・9。
  7. ^ アポロドーロス、3巻7・1。
  8. ^ ヒュギーヌス、243話。
  9. ^ ヒュギーヌス、246話。
  10. ^ パウサニアス、2巻18・5。
  11. ^ アポロドーロス、摘要(E)6・9。
  12. ^ アポロドーロス、3巻7・2。
  13. ^ パウサニアス、2巻20・5。
  14. ^ パウサニアス、10巻10・4。
  15. ^ ヒュギーヌス、175話。
  16. ^ アポロドーロス、3巻10・8。
  17. ^ ヒュギーヌス、81話。
  18. ^ 『イーリアス』2巻。
  19. ^ 『イーリアス』5巻。
  20. ^ パウサニアス、2巻24・3。
  21. ^ パウサニアス、8巻46・2。
  22. ^ アポロドーロス、2巻1・5。
  23. ^ ヒュギーヌス、275話。
  24. ^ ウェルギリウスアエネアース』12巻341行。

参考文献[編集]