デーモレオーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

デーモレオーン古希: Δημολέων, Dēmoleōn)は、ギリシア神話の人物である。トローイアの老臣アンテーノールテアーノーの子供の1人で、アルケロコスアカマースグラウコスヘリカーオーンラーオドコスコオーンポリュボスアゲーノールイーピダマースラーオダマースエウリュマコスと兄弟。トロイア戦争で戦ったが、戦争に復帰したアキレウスに討たれた。

アキレウスはイーピティオーンに続いてデーモレオーンを討たんとした。デーモレオーンは頭を狙ったアキレウスのの攻撃を受け、兜ごと頭を刺し貫かれて死んだ。アキレウスはさらにヒッポダマース、トローイアの王子ポリュドーロスを討った[1]

脚注[編集]

  1. ^ 『イーリアス』20巻393行-418行。

参考文献[編集]