エウケーノール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

エウケーノール古希: Εὐχήνωρ, Euchēnōr)は、ギリシア神話の人物である。長母音を省略してエウケノルとも表記される。主に、

が知られている。以下に説明する。

アイギュプトスの子[編集]

このエウケーノールは、エジプト王アイギュプトスの50人の子の1人である。母はアラビア出身の女性で、イストロス、カルコードーンアゲーノール、カイトス、ディオコリュステース、アルケース、アルクメーノール、ヒッポトオスヒッポリュトスと兄弟。ダナオスの50人の娘(ダナイデス)の1人イーピメドゥーサと結婚したが、他の兄弟と同様に殺された[1]

ポリュイードスの子[編集]

このエウケーノールは、予言者ポリュイードスとエウリュダメイア(ドゥーリキオン王ピューレウスの娘)の子で、クレイトス[2]と兄弟。さらにパウサニアスによるとアステュクラテイア、マントーという姉妹がいた。ただしパウサニアスでは、エウケーノールはポリュイードスの子のコイラノスの子、つまり孫ということになっている[3]トロイア戦争に参加したギリシア軍の武将の1人[4]

イーリアス』によると、エウケーノールは父ポリュイードスから故郷で重い病に倒れて死ぬか、戦争でトロイア勢に討たれて死ぬかのどちらかであると予言された。エウケーノールは病とアガメムノーンに支払う戦争不参加の代償の両方を嫌ってトロイア戦争に参加したが、パリスの放った矢に耳と顎の下あたりを射抜かれて絶命した[4]

ホメーロスが語るエウケーノールの運命はアキレウスのそれとよく似ていることが指摘されている。アキレウスもまた母テティスからこのまま戦場に留まれば命を落とす代わりに名誉が残り、すぐに帰国したなら名誉は得られない代わりに天寿を全うできると予言され[5]、別の個所ではパリス[6]あるいはパリスとアポローンの矢で命を落とすことが予言されている[7]。アキレウスとよく似た運命を予言されたエウケノールがアキレウスと同様にパリスの矢で倒れるのは、彼の死がアキレウスの運命を念頭に置いて語られたことを意味しているという[8]

系図[編集]

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アミュターオーン
 
エイドメネー
 
 
 
 
 
 
 
プロイトス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アイオリアー
 
ペリメーレー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
リューシッペー
 
ビアース
 
ペーロー
 
 
 
イーピアナッサ
 
メラムプース
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ペリアース
 
アナクシビアー
 
 
 
 
 
 
 
 
アバース
 
 
 
 
 
 
 
 
アンティパテース
 
ゼウクシッペー
 
 
 
 
マンティオス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アカストス
 
アルケースティス
 
タラオス
 
リューシマケー
 
コイラノス
 
イドモーン
 
 
 
 
オイクレース
 
ヒュペルムネーストラー
 
 
ポリュペイデース
 
クレイトス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
プローナクス
 
メーキステウス
 
パルテノパイオス
 
アリストマコス
 
テストール
 
 
 
 
 
エリピューレー
 
アムピアラーオス
 
テオクリュメノス
 
コイラノス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アドラーストス
 
アムピテアー
 
エウリュアロス
 
プロマコス
 
ヒッポメドーン
 
カルカース
 
アルペシボイアー
 
アルクマイオーン
 
カリロエー
 
アムピロコス
 
ポリュイードス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アイギアレウス
 
キュアニッポス
 
 
テューデウス
 
デーイピュレー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
クリュティオス
 
アムポテロス
 
アカルナーン
 
 
 
 
 
エウケーノール
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ポリュネイケース
 
アルゲイアー
 
ディオメーデース
 
アイギアレイア
 
コメーテース
 
 
 
 


脚注[編集]

  1. ^ アポロドーロス、2巻1・5。
  2. ^ レーロスのペレキューデース断片(『イーリアス』13巻663行への古註)。
  3. ^ パウサニアス、1巻43・5。
  4. ^ a b 『イーリアス』13巻663行-672行。
  5. ^ 『イーリアス』9巻410行-416行。
  6. ^ 『イーリアス』21巻277行。
  7. ^ 『イーリアス』22巻359行。
  8. ^ 岡道男「ホメロスと叙事詩の環」アイティオピス 3. アキレウスの死。

参考文献[編集]

関連項目[編集]