ヒッポメドーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ヒッポメドーン古希: Ἰππομέδων, Hippomedōn)は、ギリシア神話の人物である。長音を省略してヒッポメドンとも表記される。テーバイ攻めの七将の1人。アルゴスタラオス[1][2]あるいはアリストマコスの息子[2]ヒュギーヌスによるとアドラストスの姉妹メティディケーとムネーシマコスの子[3]パウサニアースも同様にアドラストスの姉妹の子と述べている[4]エピゴノイの1人ポリュドーロスの父とされ[5][6]、妻の名はエラトスの娘エウアニッペーという[6]

神話[編集]

古代テーバイの地図。ヒッポメドーンが攻撃したオンカ・アテーナー門(オーギュギアイ門)はカドメイアの南東に位置している。

ヒッポメドーンは巨人族を思わせる大男で[7]ミュケーナイで生を受け、レルネーの沼地の近くに居を構えていた[8]。パウサニアースはレルネーのポンティノス山にヒッポメドーンの館の跡が残っていたことを報告している[9]。もっとも、彼は館での生活よりも原野で暮らすことを好み、幼少の頃から文学の楽しみに浸ることをせず、狩りや乗馬を楽しみ、心身を鍛錬することに励んだという[10]。後にヒッポメドーンはアドラストス率いるアルゴスのテーバイ遠征軍に参加した。アイスキュロスの『テーバイ攻めの七将』とソポクレースの『コローノスのオイディプース』ではともにテーバイを攻める七将の1人として4番目に名前が挙げられている[1][11]。一方でエウリーピデースの『救いを求める女たち』のプロロゴス後すぐのアンティゴネーがテーバイを包囲するアルゴス軍を見つめる場面では1番目に[10]、同じく『救いを求める女たち』の終劇間近のイオカステーが戦況の報告を聞く場面、および『フェニキアの女たち』では3番目に名前が挙げられている[12]。しかしアルゴス王アドラストスを除く他の武将たちと同様に、ヒッポメドーンもまた生きて帰ることが出来ない運命にあった[13]

テーバイを包囲した七将はそれぞれテーバイの7つの門のうちの1つを攻撃したと伝えられている。アイスキュロスによるとヒッポメドーンが攻撃したのはオンカ・アテーナー門であった。エウリーピデースはこの門をオーギュギアイ門と呼び[12]、アポロドーロスはオンカイダイ門と呼んでいる[14]

アイスキュロスはヒッポメドーンを尋常ならざる戦士として描いている。その大きな特徴は彼の武装であり、火と黒煙を放つ怪物テューポーンの姿を描いた巨大な丸盾を装備していた。テーバイ王エテオクレースはヒッポメドーンの出で立ちを聞くと、雷を手にしたゼウスの姿を描いた丸盾を持つオイノープスの子ヒュペルビオスをヒッポメドーンと戦わせた。アイスキュロスはこのようにヒッポメドーンとヒュペルビオスの戦いを神話におけるテューポーンとゼウスの戦いになぞらえることで、ヒッポメドーンが戦死することを暗示している[11]

エウリーピデースでは、ヒッポメドーンは中央に百目巨人アルゴスを描いた盾を持っていたが、アルゴスの眼のいくつかが夜になると開き、夜明けとともに閉じる作りになっていたため[12]、遠くからこの盾を見たアンティゴネーの目にはヒッポメドーンが光を発しているように見えたという[15]

アポロドーロスでは、ヒッポメドーンはアスタコスの子イスマロスに討たれた[16]。なお、息子のポリュドーロスは通常はエピゴノイに数えられているが、アポロドーロスではエピゴノイに含まれていない[17]

系図[編集]

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アミュターオーン
 
エイドメネー
 
 
 
 
 
 
 
プロイトス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アイオリアー
 
ペリメーレー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
リューシッペー
 
ビアース
 
ペーロー
 
 
 
イーピアナッサ
 
メラムプース
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ペリアース
 
アナクシビアー
 
 
 
 
 
 
 
 
アバース
 
 
 
 
 
 
 
 
アンティパテース
 
ゼウクシッペー
 
 
 
 
マンティオス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アカストス
 
アルケースティス
 
タラオス
 
リューシマケー
 
コイラノス
 
イドモーン
 
 
 
 
オイクレース
 
ヒュペルムネーストラー
 
 
ポリュペイデース
 
クレイトス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
プローナクス
 
メーキステウス
 
パルテノパイオス
 
アリストマコス
 
テストール
 
 
 
 
 
エリピューレー
 
アムピアラーオス
 
テオクリュメノス
 
コイラノス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アドラーストス
 
アムピテアー
 
エウリュアロス
 
プロマコス
 
ヒッポメドーン
 
カルカース
 
アルペシボイアー
 
アルクマイオーン
 
カリロエー
 
アムピロコス
 
ポリュイードス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アイギアレウス
 
キュアニッポス
 
 
テューデウス
 
デーイピュレー
 
 
ポリュドーロス
 
 
 
 
 
クリュティオス
 
アムポテロス
 
アカルナーン
 
 
 
 
 
エウケーノール
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ポリュネイケース
 
アルゲイアー
 
ディオメーデース
 
アイギアレイア
 
コメーテース
 
 
 
 


その他の人物[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b ソポクレース『コローノスのオイディプース』1318行。
  2. ^ a b アポロドーロス、3巻6・3。
  3. ^ ヒュギーヌス、70話。
  4. ^ パウサニアース、10巻10・3。
  5. ^ パウサニアース、2巻20・5。
  6. ^ a b ヒュギーヌス、71話。
  7. ^ エウリーピデース『フェニキアの女たち』127行-128行。
  8. ^ エウリーピデース『フェニキアの女たち』126行。
  9. ^ パウサニアース、2巻36・8。
  10. ^ a b エウリーピデース『救いを求める女たち』881行以下。
  11. ^ a b アイスキュロス『テーバイ攻めの七将』486行-520行。
  12. ^ a b c エウリーピデース『フェニキアの女たち』1113行-1118行。
  13. ^ アポロドーロス、3巻6・2。
  14. ^ アポロドーロス、3巻6・6。
  15. ^ エウリーピデース『フェニキアの女たち』119行-130行。
  16. ^ アポロドーロス、3巻6・8。
  17. ^ アポロドーロス、3巻7・2。
  18. ^ イーリアス』4巻319行への古註。
  19. ^ スミュルナのクイントゥス、8巻86行。
  20. ^ スミュルナのクイントゥス、11巻36行。
  21. ^ スミュルナのクイントゥス、11巻99行。

参考文献[編集]