クロニオス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

クロニオス古希: Κλονίος, Klonios, ラテン語: Clonius)は、ギリシア神話の人物である。トロイア戦争におけるギリシア軍の武将の1人。

神話[編集]

ラクトレスとクレオブーレーの子で、レーイトスと兄弟[1]。あるいはボイオートスの子イトーノスの子アレゲノールの子で、ペーネレオース、レーイトス、プロトエーノールアルケシラーオスと従兄弟[2]。ペーネレオース、アルケシラーオスと従兄弟であるともいわれる[3]

トロイア戦争ではペーネレオース、レーイトス、プロトエーノール、アルケシラーオスとともにギリシア軍におけるボイオーティア地方の武将の1人で[4][1][2][5]、9隻の軍勢を率いたともいわれる[1]。しかしアポローンアイギスを使ってギリシア軍を混乱に陥れたとき、敵将アゲーノールに討たれた[6]

その他のクロニオス[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c ヒュギーヌス、97話。
  2. ^ a b シケリアのディオドロス、4巻67・7。
  3. ^ クレータのディクテュス、1巻13。
  4. ^ 『イーリアス』2巻494行-495行。
  5. ^ クレータのディクテュス、1巻17。
  6. ^ 『イーリアス』15巻306行-340行。
  7. ^ シケリアのディオドロス、5巻55・5。
  8. ^ パウサニアス、6巻21・11。
  9. ^ スタティウステーバイス』8巻697。
  10. ^ アポロドーロス、3巻12・5。
  11. ^ ウェルギリウス『アエネーイス』9巻574行。
  12. ^ ウェルギリウス『アエネーイス』10巻749行。

参考文献[編集]