エピストロポス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

エピストロポス古希: Ἐπίστροφος, Epistrophos)は、ギリシア神話の人物である。主に、

の3人が知られている。以下に説明する。

イーピトスの子[編集]

このエピストロポスは、ナウボロスの子イーピトスと[1]ヒッポリュテーの子で[2]スケディオスと兄弟である[1][2]。スケディオスとともにヘレネーの求婚者の1人で[3]トロイア戦争にもポーキス地方の軍勢40隻を率いて参加した[1][4][5]アルゴスの軍勢30隻をスケディオスが、10隻をエピストロポスが率いたともいわれる[2]

エウエーノスの子[編集]

このエピストロポスは、ミュルネーソスの王エウエーノスの子で、ミュネースと兄弟。ミュネースはブリーセーイスの夫である。トロイア戦争のさいにミュネースともにアキレウスに討たれた[6]

メーキステウスの子[編集]

このエピストロポスは、メーキステウスの子で[7]オディオスと兄弟である[7][8]。ミヌウスの子ともいわれる[8]。トロイア戦争のさい、アリゾーン人(ハリゾーン人)を率い、トロイアを救援して戦った[9][7][8][10]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 『イーリアス』2巻517行-526行。
  2. ^ a b c ヒュギーヌス、97話。
  3. ^ アポロドーロス、3巻10・8。
  4. ^ クレータのディクテュス、1巻17。
  5. ^ プリュギアのダーレス、14。
  6. ^ 『イーリアス』2巻692行-693行。
  7. ^ a b c アポロドーロス、摘要(E)3・35。
  8. ^ a b c クレータのディクテュス、2巻35。
  9. ^ 『イーリアス』2巻856行-857行。
  10. ^ プリュギアのダーレス、18。

参考文献[編集]