ゼウクシッペー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ゼウクシッペー古希: Ζευξίππη, Zeuxippē)は、ギリシア神話ニュムペー、あるいは女性である。長母音を省略してゼウクシッペとも表記される。主に、

のほか、数人が知られている。以下に説明する。

エレクテウスの母[編集]

このゼウクシッペーは、水のニュムペーで、プラークシテアーと姉妹。アテーナイの王エリクトニオスとプラークシテアーの子のパンディーオーンとの間に、プロクネーピロメーラーの姉妹と、双生児エレクテウス、ブーテースを生んだ[1]

 
 
 
 
 
 
 
 
 
エリクトニオス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アイオロス
 
 
 
 
 
パンディーオーン
 
ゼウクシッペー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
デーイオーン
 
 
 
エレクテウス
 
 
 
ピロメーラー
 
プロクネー
 
テーレウス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブーテース
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ケパロス
 
プロクリス
 
オーレイテュイア
 
ボレアース
 
ケクロプス
 
クスートス
 
クレウーサ
 
メーティオーン
 
ヒッポダメイア
 
ペイリトオス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
クレオパトラー
 
カライス
 
ゼーテース
 
パンディーオーン
 
アカイオス
 
イオーン
 
エウパラモス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
プレークシッポス
 
パンディーオーン
 
 
 
 
 
 
パラース
 
リュコス
 
ニーソス
 
ペルディクス
 
ダイダロス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
キオネー
 
ポセイドーン
 
アイトラー
 
アイゲウス
 
メーデイア
 
 
 
 
スキュラ
 
タロース
 
イーカロス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エウモルポス
 
アンティオペー
 
テーセウス
 
 
 
パイドラー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヒッポリュトス
 
アカマース
 
デーモポーン
 


ラーメドーンの娘[編集]

このゼウクシッペーは、シキュオーンの王ラーメドーンと、クリュティオスの娘ペーノーの娘。ラーメドーンが戦争のさいに味方としてアッティカから招いたシキュオーンと結婚し[2]、娘クレオピューレーを生んだ[3]

エーリダノスの娘[編集]

このゼウクシッペーは、河神エーリダノスの娘で、テレオーンとの間にブーテースを生んだ。ブーテースはアルゴナウタイの1人[4]

ヒッポコオーンの娘[編集]

このゼウクシッペーは、ヒッポコオーンの娘で、アルゴスの王メラムプースの子アンティパテースとの間にオイクレース、アムパルケースを生んだ[5]

脚注[編集]

  1. ^ アポロドーロス、3巻14・8。
  2. ^ パウサニアス、2巻6・5。
  3. ^ パウサニアス、2巻6・6。
  4. ^ ヒュギーヌス、14話。
  5. ^ シケリアのディオドロス、4巻68・5。

参考文献[編集]