イーピアナッサ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

イーピアナッサ古希: Ἰφιάνασσα, Īphianassa)は、ギリシア神話の女性である。長母音を省略してイピアナッサとも表記される。主に、

が知られている。以下に説明する。

エンデュミオーンの妻[編集]

このイーピアナッサは、一説によるとエーリスの王エンデュミオーンの妻で、アイトーロスの母である[1]

プロイトスの娘[編集]

このイーピアナッサは、ティーリュンスの王プロイトスとステネボイアの娘で、イーピノエーリューシッペーと姉妹であり、弟にメガペンテースがいる。この姉妹たちは神に対して不敬であったので、気が狂い、予言者メラムプースに癒された。その後、メラムプースの妻となり[2]アバース[3]、マンティオス、アンティパテースを生んだ[4]

アガメムノーンの娘[編集]

このイーピアナッサは、『イーリアス』によるとミュケーナイの王アガメムノーンとクリュタイムネーストラーの娘で、クリューソテミスラーオディケーオレステースと兄弟である[5]。この女性は後のイーピゲネイアにあたる[6]、あるいは後にイーピゲネイアの伝承が現れて混同されたと考えられている[7]

脚注[編集]

  1. ^ アポロドーロス、1巻7・6。
  2. ^ アポロドーロス、2巻2・2。
  3. ^ アポロドーロス、1巻9・13。
  4. ^ 『オデュッセイア』15巻241行-242行。
  5. ^ 『イーリアス』9巻。
  6. ^ 『イーリアス』松平訳の注釈、p.421。
  7. ^ 高津春繁『ギリシア・ローマ神話辞典』p.53b。

参考文献[編集]