エウアドネー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

エウアドネー古希: Εὐάδνη, Euadonē)は、ギリシア神話の女性である。長母音を省略してエウアドネとも表記される。主に以下の4人が知られている。

以下に説明する。

ストリューモーンの娘[編集]

このエウアドネーは、トラーキアの河神ストリューモーンとネアイラの娘で、アルゴス市の名祖アルゴスとの間にエクバソス、ペイラース、エピダウロス、クリアーソスを生んだ[1]。あるいはエクバソス、ピラントス、クリアーソスを生んだ[2]

ピタネーの娘[編集]

このエウアドネーは、ラコーニア地方の河神エウロータスの娘[3][4]ピタネーとポセイドーンの子。生後すぐにアルカディアアイピュトスに預けられ、養育されたのちに、アポローンに愛されてイアモスを生んだ[5]。イアモスはオリュムピア神官家の一族で[6]、ギリシア各地に分家を持つイアミダイの祖となった[7]

イーピスの娘[編集]

このエウアドネーは、アルゴス王イーピスの娘で[8][9][10][11]エテオクロスと兄弟[12][13]テーバイ攻めの7将の1人カパネウスと結婚し[14][15][9][10][11]ステネロスを生んだ[16]。一説にピュラコスの娘ともいう[17][18]

カパネウスがテーバイとの戦争中にゼウスの雷に打たれて死んだとき、夫を愛するあまり、火葬の炎に飛び込んで焼死した[19][10]。後にアイネイアース冥府の嘆きの野[注釈 1]と呼ばれる場所でエウアドネーの姿を目撃している。[21]

ペリアースの娘[編集]

このエウアドネーは、イオールコス王ペリアースの娘で、アルケースティス、アムピノメーと姉妹[22]メーデイアに騙されて、若返りを信じてアムピノメーとともに父を殺してしまうが[23]イアーソーンの寛大な処置によって罪を許され[24]、イアーソーンの縁組でポーキス地方の王カネースに嫁いだ[22]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 悲恋で死んだ者が死後も苦しむ場所とされる[20]

脚注[編集]

  1. ^ アポロドーロス、2巻1・2。
  2. ^ ヒュギーヌス、145話。
  3. ^ 高津春繁『ギリシア・ローマ神話辞典』p.202a。
  4. ^ 内田訳注、p.41。
  5. ^ ピンダロス『オリュムピア祝勝歌』第6歌29行-49行。
  6. ^ 高津春繁『ギリシア・ローマ神話辞典』p.61b。
  7. ^ 内田訳注、p.45。
  8. ^ エウリーピデース『救いを求める女たち』984行-985行。
  9. ^ a b エウリーピデース『救いを求める女たち』1038行。
  10. ^ a b c アポロドーロス、3巻7・1。
  11. ^ a b ヒュギーヌス、97話。
  12. ^ エウリーピデース『救いを求める女たち』1036行。
  13. ^ アポロドーロス、3巻6・3。
  14. ^ エウリーピデース『救いを求める女たち』985行-986行。
  15. ^ エウリーピデース『救いを求める女たち』996行-997行。
  16. ^ アポロドーロス、3巻7・2。
  17. ^ ヒュギーヌス、243話。
  18. ^ ヒュギーヌス、256話。
  19. ^ エウリーピデース『救いを求める女たち』984行-1074行。
  20. ^ ウェルギリウス『アエネーイス』6巻441行-444行。
  21. ^ ウェルギリウス『アエネーイス』6巻447行。
  22. ^ a b シケリアのディオドロス、4巻53・2。
  23. ^ シケリアのディオドロス、4巻52・2。
  24. ^ シケリアのディオドロス、4巻52・5。

参考文献[編集]