ペルガのアポロニウス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ペルガのアポロニウス古希: Ἀπολλώνιος, : Apollonius Pergaeus, : Apollonius of Perga紀元前262年頃 - 紀元前190年頃)はギリシャ数学者天文学者である。小アジアの町ペルガに生まれた。アレキサンドリアプトレマイオス3世およびプトレマイオス4世の時代に活躍した。現トルコのペルガモンでしばらく暮らしたとされる。アレキサンドリアで没した。

業績[編集]

著書『円錐曲線』 (Κωνικά) において、円錐を頂点を通らない平面で切断した断面の図形「楕円(だえん、ellipse)」・「放物線(ほうぶつせん、parabola)」・「双曲線(そうきょくせん、hyperbola)」について詳細な研究をおこなった。「楕円」・「放物線」・「双曲線」の名称は、アポロニウスがそれぞれ「ellipsis(不足する)」・「parabole(一致する)」・「hyperbole(超越する)」と呼んだことに由来する[1]離心円ならびに従円と周転円の概念の発案者でもある。

著書[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]