アポロニウス (クレーター)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アポロニウス
(Apollonius)
月面座標 北緯4度31分 東経60度58分 / 北緯4.51度 東経60.96度 / 4.51; 60.96
直径 50.66 キロメートル
深度 1.5 km
月面余経度 日の出時点で299°
由来 アポロニウス
GPN識別子 328

アポロニウス (Apollonius) は、にあるクレーターであり、月の東側の縁に位置している。アポロニウスは波の海の西にある高台に位置し、豊かの海にある成功の入江の北東にある。アポロニウス南西にはフィルミクスが、北にはコンドンがある。

アポロニウスの外壁の一部は、小さなクレーターによって破壊されており、アポロニウス-Eは西側の外壁を破壊している。アポロニウスの底は溶岩に覆われており、太陽の光をあまり反射しない平坦な土地である。

付随クレーター[編集]

アポロニウスのごく近くにある小さなクレーターについては、アルファベットを付加することによって識別される。一部はのちに国際天文学連合によって再命名された。

名称 月面緯度 月面経度 直径 国際天文学連合によって再命名
アポロニウス-A 4.8 N 56.8 E 24 km -----
アポロニウス-B 5.7 N 57.6 E 32 km -----
アポロニウス-C 3.3 N 57.0 E 9 km アメギノ
アポロニウス-D 4.2 N 59.3 E 16 km カータン
アポロニウス-E 4.4 N 61.9 E 16 km -----
アポロニウス-F 5.6 N 60.0 E 16 km -----
アポロニウス-G 5.6 N 60.0 E 16 km タウンリー
アポロニウス-H 3.4 N 59.6 E 20 km -----
アポロニウス-J 4.6 N 57.5 E 12 km -----
アポロニウス-K 5.6 N 54.8 E 10 km アボット
アポロニウス-L 6.5 N 54.6 E 9 km -----
アポロニウス-M 4.8 N 61.9 E 10 km -----
アポロニウス-N 4.8 N 64.1 E 9 km -----
アポロニウス-P 5.7 N 59.6 E 17 km デーリ
アポロニウス-S 1.1 N 62.6 E 15 km -----
アポロニウス-T 5.1 N 56.2 E 10 km ボンベリ
アポロニウス-U 4.9 N 59.9 E 7 km -----
アポロニウス-V 4.4 N 58.2 E 16 km -----
アポロニウス-W 2.3 N 63.5 E 5 km プティ
アポロニウス-X 7.0 N 58.1 E 31 km -----
アポロニウス-Y 4.9 N 62.6 E 10 km -----