トローイロス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。
  • トロイルス
  • トロイロス
A helmeted figure emerges from behind a fountain, topped with two lions. That is being approached from the other side by an unarmoured rider. Below the horse is a setting sun. Painted underneath this scene are trees shown in different seasons of the year.
アキレス(左)がトローイロス(右、馬上)を待ち伏せる様子を描いたエトルリアフレスコ、紀元前530年-520年

トローイロストロイロストロイルスとも。Troilos、Troilus、Troylus。古代ギリシア語: Τρωΐλος, Troïlos、ラテン語: Troilus)は、トロヤ戦争に関連する伝説の登場人物である。現存する最初の言及は、紀元前9世紀末から8世紀に吟遊詩人によって作曲され、歌われていたと信じられているホメーロスの『イーリアス』である[1]

ギリシア神話ではトローイロスは、プリアモス(時にアポローン)とヘカベーの間の息子の1人で、イリオスの若い王子である。予言によってトローイロスの運命はイリオスのそれと結びつけられており、そのため彼はアキレウスに待ち伏せられて殺害された。ソポクレスは、この話を書いた1人である。また、この時代の多くの絵画のテーマにもなっている。古代の著作者は、トローイロスを両親に嘆き悲しまれる死んだ子供の象徴として扱っている。彼はまた、若い男性の美しさの模範とも見なされている。

西ヨーロッパの中世ルネサンス期の伝説では、トローイロスはプリアモスとヘカベーの間の5人の嫡出子のうち最も若い人物であり、その若さにも関わらずトロヤ戦争における主要な指導者の1人となった。彼は、戦いの最中にアキレウスの手によって殺された。12世紀に付け加えられた話では、トローイロスはクレシダと恋に落ち、その父親はギリシアを打ち破った。クレシダはトローイロスに愛を誓ったが、捕虜交換で父の元に送られてきたギリシアの英雄ディオメーデースにすぐに乗り換えた。ジェフリー・チョーサーウィリアム・シェイクスピアは、トローイロスとクレシダの物語を書いた中の1人である。中世の伝承の中では、トローイロスは忠実なミンネ、また高徳な異教徒の象徴とされる。ミンネの習慣が廃れると、彼の運命は共感を得られにくくなった。

18世紀から19世紀には、ほとんど注目されなかったが、20世紀から21世紀には再びトロヤ戦争が題材として取り上げられるようになった。

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Pierre Vidal-Naquet, Le monde d'Homère, Perrin 2000, p19

外部リンク[編集]