ガニュメーデース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ルーヴル美術館にあるガニュメーデースの胸像(西暦2世紀ごろ)

ガニュメーデース古希: Γανυμήδης, Ganymēdēs)は、ギリシア神話の登場人物である。イーリオス(トロイア)の王子で美少年だったといわれる。オリュムポス十二神に不死の酒ネクタールを給仕するとも、ゼウスの杯を奉げ持つともいわれる。元来は大地に天の雨をもたらす神だったと考えられており、ヴェーダ神話ソーマとの関連も指摘されている[1]日本語では長母音を省略してガニュメデス、ラテン語形でガニメデとも呼称される。

系図[編集]

ホメーロスによれば、トロイア初代の王トロースの子、イーロスアッサラコスの兄弟とされる[2]アポロドーロスによれば母は河神スカマンドロスの娘カリロエーである[3]。後代の伝承には、父をラーオメドーン、イーロス、アッサラコス、エリクトニオスなどとするものもある。


 
 
エーレクトラー
 
ゼウス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イーアシオーン
 
ダルダノス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
シモエイス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エリクトニオス
 
アステュオケー
 
 
 
スカマンドロス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
トロース
 
 
 
カリロエー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ガニュメーデース
 
 
イーロス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アッサラコス
 
ヒエロムネーメー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ラーオメドーン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ストリューモー
 
 
 
 
 
テミステー
 
カピュス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヘカベー
 
プリアモス
 
 
ヘーシオネー
 
テラモーン
 
 
アステュオケー
 
テーレポス
 
 
 
アンキーセース
 
アフロディーテー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ポリュドーロス
 
 
ヘクトール
 
カッサンドラ
 
ヘレノス
 
デーイポボス
 
ポリュクセネー
 
パリス
 
 
 
アイネイアース
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アンドロマケー
 
 
アステュアナクス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヘレネー
 
 
 
 
 
 
 
 
アスカニオス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 



ガニュメーデースの誘拐[編集]

一般には、ガニュメーデースが神々の給仕となったのは以下の事情によるとされる。オリュムポスの神々に給仕するのは、もとは大神ゼウスとその正妻ヘーラーの娘、青春の女神であるヘーベーの役割であった。ゼウスの子、英雄ヘーラクレースが死後、神々の列に加えられたとき、ヘーラクレースを憎んだヘーラーはようやくヘーラクレースと和解し、その娘ヘーベーが妻としてヘーラクレースに与えられた。このため神々の宴席に給仕するものがなくなった。ゼウスはガニュメーデースの美しさを愛し、ガニュメーデースをさらい、オリュムポスの給仕とした。この仕事のためにガニュメーデースには永遠の若さと不死が与えられた。また代償としてその父に速い神馬(別伝ではヘーパイストスの作った黄金のブドウの木)が与えられた。

『ガニュメデスの誘拐』レンブラント・ファン・レイン

ガニュメーデースの誘拐には諸説がある。まずガニュメーデースをさらったのは誰かについて異伝があり、神々たち、ゼウス自身、ゼウスの使いの、ゼウスが鷲の姿に変じてさらったなどの説がある。一方で、タンタロス、またはミーノースエーオースがさらったという伝承もある。

また、ガニュメーデースがさらわれた場所は、一般にトローアスイーデー山(ラテン語名イーダー山)であるとホメーロス他ではいわれる。他方で、同名のクレーテー島の山、またはエウボイアの山、ミューシアのハルパゲ(誘拐の意)という場所であるとの説もある。

また、ヘーラクレースに与えられる前のへーベーが給仕中に転んであられもない姿になったので、ゼウスは彼女に免職を言い渡し、その代わりとしてガニュメーデースをさらったともいわれる。

天体との関連[編集]

わし座はガニュメーデースを誘拐するときのゼウスの姿、みずがめ座はネクタールを給仕するガニュメーデースと酒壷にそれぞれ見立てられたものである。このほか、木星の衛星、ガニメデの名はガニュメーデースから取られている。

脚注[編集]

  1. ^ フェリックス・ギラン 『ギリシア神話』 青土社
  2. ^ ホメーロス『イーリアス』20巻
  3. ^ アポロドーロス『ビブリオテーケー』3巻12:2

関連項目[編集]

参考文献[編集]