ブーコリオーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ブーコリオーン古希: Βουκολίων, Būkoliōn)は、ギリシア神話の人物である。主にラーオメドーンの子のほか数人が知られている。長母音を省略してブコリオンとも表記される。以下に説明する。

ラーオメドーンの子[編集]

このブーコリオーンは、トローイア王ラーオメドーンの子とニュムペーのカリュベーの子[1]。ブーコリオーンはラーオメドーンの長男で、泉のニュムペーのアバルバレエーとの間にアセイポスペーダソスをもうけた[2]

一説にトロイア戦争のときトローイアの長老の1人だったが[3]、ラーオメドーンとその子供たちはプリアモスを除いてヘーラクレースに殺されたともいわれる[4]。2人の子供たちはトロイア戦争でエウリュアロスに討たれた[2]

その他のブーコリオーン[編集]

脚注[編集]

  1. ^ アポロドーロス、3巻12・3。
  2. ^ a b イーリアス』6巻20行-26行。
  3. ^ プリュギアのダーレス、6。
  4. ^ アポロドーロス、2巻6・4。
  5. ^ パウサニアス、8巻5・6-5・7。
  6. ^ パウサニアス、8巻3・2。
  7. ^ パウサニアス、8巻5・7。
  8. ^ パウサニアス、8巻39・2。
  9. ^ アポロドーロス、3巻8・1。

参考文献[編集]