カピュス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

カピュス古希: Κάπυς, Kapys, ラテン語: Capys)は、ギリシア神話の人物である。主に、

が知られている。以下に説明する。

アッサラコスの子[編集]

このカピュスは、トロイアトロースの子アッサラコスと河神シモエイスの娘ヒエロムネーメーの子で、イーロスの娘テミステーとの間にアンキーセースをもうけた[1]。一説にラーオコーンの父[2]

 
 
アトラース
 
 
 
 
 
 
イーダイアー
 
スカマンドロス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エーレクトラー
 
ゼウス
 
テウクロス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イーアシオーン
 
ダルダノス
 
バテイア
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
シモエイス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エリクトニオス
 
アステュオケー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
トロース
 
カリロエー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ガニュメーデース
 
イーロス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アッサラコス
 
 
 
ヒエロムネーメー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ラーオメドーン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ストリューモー
 
 
 
 
テミステー
 
 
カピュス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヘカベー
 
プリアモス
 
 
ヘーシオネー
 
テラモーン
 
 
アステュオケー
 
テーレポス
 
 
アンキーセース
 
アフロディーテー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ポリュドーロス
 
 
ヘクトール
 
カッサンドラ
 
ヘレノス
 
デーイポボス
 
ポリュクセネー
 
パリス
 
 
アイネイアース
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アンドロマケー
 
 
アステュアナクス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヘレネー
 
 
 
 
 
 
 
アスカニオス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


アイネイアースの子[編集]

このカピュスは、トロイアの人で、トロイア戦争ギリシア軍が木馬を残して退いたとき、木馬がギリシア軍の罠であるとしてイーリオスに運び込むことを反対した[3]。イーリオスの陥落後はアイネイアースに従ってイタリアに渡ったが、ルトゥリー人の王トゥルヌスとの戦いで戦死した[4]。なお、カプアの地はカピュスに由来するという[5]

アイネイアースの子孫[編集]

このカピュスは、アイネイアースの子孫で、アルバ・ロンガの王[6]アテュスの子で、カペートゥスの父。古代ローマ歴史家ティトゥス・リーウィウスによると、アイネイアースの子アスカニオス以下、シルウィウスアエネーイス・シルウィウスラティヌス・シルウィウスアルバ、アテュスと続いてカピュスが生まれ、カピュスからカペートゥス、ティベリーヌスと続いたと述べている[7]

脚注[編集]

  1. ^ アポロドーロス、3巻12・2。ほか『イーリアス』20巻。シケリアのディオドロス、4巻75・5。
  2. ^ ヒュギーヌス、135話。
  3. ^ 『アエネーイス』2巻35行-38行。
  4. ^ 『アエネーイス』9巻576行。
  5. ^ 『アエネーイス』10巻145行。
  6. ^ ウェルギリウス『アエネーイス』6巻768行。
  7. ^ ティトゥス・リーウィウス、1巻3。

参考文献[編集]

関連項目[編集]