アステュオケー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アステュオケー古希: Ἀστυόχη, Astyochē) は、ギリシア神話の女性である。同名の女性が複数知られ、

の他、数名が知られている。

ラーオメドーンの娘[編集]

このアステュオケーは、トロイア王ラーオメドーンの娘で、ティートーノスラムポスクリュティオスヒケターオーンプリアモスヘーシオネーキラと姉妹[1]ミューシアの王テーレポスの妻で、エウリュピュロスの母。

エウリュピュロスは最初トロイア戦争に参加する意思はなかったが、プリアモスはアステュオケーに黄金のブドウの木を贈ったので、アステュオケーはエウリュピュロスをトロイアの救援に向かわせた[2]


 
 
 
 
ダルダノス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エリクトニオス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
トロース
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ガニュメーデース
 
イーロス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アッサラコス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ラーオメドーン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
テミステー
 
カピュス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヘカベー
 
プリアモス
 
ヘーシオネー
 
テラモーン
 
アステュオケー
 
テーレポス
 
ヘレネー
 
 
アンキーセース
 
アフロディテ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ポリュドーロス
 
 
ヘクトール
 
カッサンドラ
 
ヘレノス
 
デーイポボス
 
ポリュクセネー
 
パリス
 
 
アイネイアース
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アンドロマケー
 
 
アステュアナクス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アスカニオス
 
 
 
 
 
 


ピューラースの娘[編集]

このアステュオケーは、テスプローティアのエピュラの王ピューラースの娘。ヘーラクレースがエピュラを滅ぼしたさいに奪われ、その子トレーポレモスを生んだ[3]

アクトールの娘[編集]

このアステュオケーは、アゼオスの子のアクトールの娘で、プリクソスの子孫にあたる。父の館で密かにアレースと交わり、アスカラポスイアルメノスを生んだ[4]

その他のアステュオケー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ アポロドーロス、3巻12・3。
  2. ^ エウリピデース『オレステース』古註、1391。
  3. ^ アポロドーロス、2巻7・6、『イーリアス』2巻。
  4. ^ 『イーリアス』2巻2・511~516。
  5. ^ アポロドーロス、3巻12・2。
  6. ^ ヒュギーヌス、117。

参考文献[編集]