イーアシオーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
イーアシオーンとダルダノスが住んだとされるサモトラケー島(現在のサモトラキ島)。
イーアシオーンはクレータ島の3度耕した畑でデーメーテールと関係を持ったとされる。画像はクレータ島の東部、ラシティ県

イーアシオーン古希: Ἰασίων, Īasiōn)は、ギリシア神話の人物である。長母音を省略してイアシオンとも表記される。女神デーメーテールに愛されながらもゼウスによって引き裂かれた悲劇の人物[1]

アトラースの娘エーレクトラーゼウスの息子で、ダルダノスの兄弟[2]ハルモニアーが兄妹ととされることもある[3]。デーメーテールとの間にプルートスをもうけた[4][2]。あるいはプルートスとピロメロスの双子であったといい[5]、他に女神キュベレーとの間に息子コリュバース(Korybas)をももうけたともいう[6]

神話[編集]

ヘーシオドスによると、イーアシオーンはデーメーテルに愛されて、クレータ島の3度耕された畑で男女の関係になり、デーメーテールはプルートスを生んだと詠っている[4]ホメーロスも『オデュッセイア』で同様の神話に触れたうえで、イーアシオーンはゼウスの雷に打たれて殺されたと述べている[7]

このエピソードは後代になると、デーメーテールに対する傲慢さゆえにゼウスの雷に打たれて命を落としたといわれるようになる[8]。すなわちデーメーテールを強姦しようとしたためであると[2]スキュムノスen)やヘラーニーコスen)は、イーアシオーンがデーメーテールの神像を[9]、あるいはコノーンen)はデーメーテールの幻を犯そうとしたと述べている[10]ヒュギーヌスは4頭立て二輪戦車が原因で死んだとしている[11]

これに対しシケリアのディオドロスはイーアシオーンはゼウスによって秘儀を授けられ、サモトラケー島密儀を創立したと述べている[12]。さらにイーアシオーンはオリュムポスに入ったとも伝えている[6]。またディオドロスはデーメーテルとの間にプルートスが生まれたとする伝承を次のように解釈している。すなわちイーアシオーンはハルモニアとカドモスの結婚式の際にデーメーテールと結ばれたため、贈り物として穀物を授かった[13]。イーアシオーンは授かった穀物を大地に播き、豊かに実らせることに成功した。驚嘆した人々は実った穀物をプルートスと呼んだ[14]

解釈[編集]

イーアシオーンと女神デーメーテールの物語は大地の豊穣を祈願する儀礼の中で執り行われた、大地の女神との聖婚ヒエロス・ガモス)を意味している[9]ミルチャ・エリアーデは女性と耕作地、男性と鍬、耕作と生殖行為との同一視および、畑で生殖行為を模すことで豊穣を祈る呪術的行為とする風習は古くから世界各地に見ることができ、イーアシオーンとデーメーテールの神話はそうした風習の原型として想起させると述べている[15]。これに対して『オデュッセイア』におけるイーアシオーンの死の伝承は女神との聖婚と同時に、ゼウスが女神に対して人間の男との自由な恋愛や結婚を認めなかったことを物語っている[16][注釈 1]。このことから人間の男が女神に恋をすることは不敬と見なされていき、聖婚の意味も忘れられて、冒涜的人物とされるようになったと考えられている[18]

系図[編集]

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アトラース
 
プレーイオネー
 
 
スカマンドロス
 
イーダイアー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ゼウス
 
エーレクトラー
 
 
 
テウクロス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イーアシオーン
 
デーメーテール
 
ダルダノス
 
バテイア
 
 
 
 
 
 
 
 
 
シモエイス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
プルートゥス
 
 
 
イーロス
 
エリクトニオス
 
アステュオケー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
トロース
 
 
 
 
 
 
 
カリロエー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ガニュメーデース
 
 
 
 
 
 
イーロス
 
 
 
 
 
 
 
アッサラコス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヒエロムネーメー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
カリュベー
 
 
 
 
 
 
ラーオメドーン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ストリューモー
 
 
 
テミステー
 
カピュス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブーコリオーン
 
 
 
 
 
ヒケターオーン
 
ラムポス
 
クリュティオス
 
ヘーシオネー
 
アステュオケー
 
 
 
 
 
 
 
アンキーセース
 
アフロディーテー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アセイポス
 
ペーダソス
 
 
 
メラニッポス
 
ドロプス
 
カレートール
 
テウクロス
 
エウリュピュロス
 
ティートーノス
 
エーオース
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アリスベー
 
 
プリアモス
 
 
ヘカベー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
メムノーン
 
エーマティオーン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アイサコス
 
ヘクトール
 
 
ポリュドーロス
 
ヘレノス
 
 
 
 
パリス
 
カッサンドラー
 
ポリュクセネー
 
クレウーサ
 
アイネイアース
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アステュアナクス
 
 
アンドロマケー
 
 
 
デーイポボス
 
ヘレネー
 
メネラーオス
 
 
 
 
 
 
 
アスカニオス
 
 
 
 
 
 


脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 『オデュッセイア』ではカリュプソーはゼウスに命じられてオデュッセウスと別離させられるが、その際にカリュプソーは神々の嫉妬深さから、女神が人間に抱かれることも、夫とすることも許そうとしないとなじっている。そして神々が女神の恋を許さなかった事例を2例挙げている。そのうちの1つがエーオースオーリーオーンの恋であり、残る1つがデーメーテールとイーアシオーンの恋である[17]

脚注[編集]

  1. ^ 『オデュッセイア』5巻92行-144行。
  2. ^ a b c アポロドーロス、3巻12・1。
  3. ^ シケリアのディオドロス、5巻48・2。
  4. ^ a b ヘーシオドス『神統記』969行-971行。
  5. ^ ヒュギーヌス『天文論』2巻4。
  6. ^ a b シケリアのディオドロス、5巻49・2。
  7. ^ 『オデュッセイア』5巻125行。
  8. ^ ストラボン、7巻(邦訳、上巻p.606)。
  9. ^ a b ジョルジュ・ドゥヴルー『女性と神話』邦訳、p.58。
  10. ^ The Narratives of Konon, 21(ジョルジュ・ドゥヴルー『女性と神話』邦訳、p.58)。
  11. ^ ヒュギーヌス、250話。
  12. ^ シケリアのディオドロス、5巻48・4。
  13. ^ シケリアのディオドロス、5巻49・4。
  14. ^ シケリアのディオドロス、5巻77・1。
  15. ^ ミルチャ・エリアーデ『宗教学概論 2』7章93。
  16. ^ ジョルジュ・ドゥヴルー『女性と神話』邦訳、p.41。
  17. ^ 『オデュッセイア』5巻118行-138行。
  18. ^ ジョルジュ・ドゥヴルー『女性と神話』邦訳、p.42。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

関連項目[編集]