オーリーオーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
星座としてのオリオン。

オリオン古代ギリシャ語: Ὠρίων, Ōrīōnラテン語: Orion)は、ギリシア神話に登場する狩人。海神ポセイドンの子とされているが、伝承される神話によって違いがある。彼にまつわる最も有名な神話は、彼が死後天に昇ってオリオン座となり、宿敵のさそり座と共に夜空を永遠に廻っていると伝えている。

日本語では長母音を省略してオリオンと表記する。又は英語読みに近いオライオンと表記する。

概説[編集]

オリオンは、海の神ポセイドンミノス王の娘エウリュアレーとのあいだに生まれた。また、出自についてはアマゾーンの女王の子であるとする説、大地母神ガイアを母とするティターンであったとする説、ボイオーティアヒュリエウスの子であるとする説もある。背の高い偉丈夫で、稀に見る美貌の持ち主であった。父親であるポセイドーンから海を歩く力を与えられ、海でも川でも陸と同じように歩く事ができた。

オリオンの逸話[編集]

逞しく凛々しい美青年であったオリオンであるが、早熟で好色でもあった。

最初の結婚[編集]

ボイオーティアで暮らしていた[1]オリオンは成人し、やがてシーデー柘榴の意)という大変美しい娘を妻に迎える。ところがシーデーは、非常に高慢で、『私の美しさは、全知全能の神ゼウス様の妻ヘラよりも美しい』と述べ、女神とその容色を競った。このためヘラは怒り、シーデーを冥府タルタロス)へと落とした[2]

キオス島の獅子退治[編集]

妻を失ったオリオンは旅人となり一人で諸国を放浪していた。キオス島に立ち寄ったオリオンは、その島の王オイノピオーン英語版の娘メロペーに一目惚れする。そして何とかメロペーの愛を得ようとしたオリオンは、得意の狩りに出掛けては獲物を彼女に献上し、やがて結婚を申し入れた。

しかし、メロペーもオイノピオーンもオリオンを好ましく思わず、困った王はオリオンの死を望み、島を荒し廻っているライオンを退治することを条件に、娘との結婚を承諾すると述べた[1]。王は当然不可能な条件と考えたが、オリオンは難なくライオンを殴り殺し、その皮を王への贈り物にした[1]

オイノピオーンの裏切り[編集]

思惑のはずれたオイノピオーン王は、結婚の約束を履行せず、オーリーオーンをこの件ではぐらかし続けた。オーリーオーンは王が約束に応えないことを怒り、酒に酔った勢いでメロペーに力ずくで迫りこれを犯した。オイノピオーンは怒り、父である酒の神ディオニューソスに頼んでオーリーオーンを泥酔させ、彼の両眼を抉り取って盲目にし海岸に捨てた。

目の治療[編集]

ニコラ・プッサン1658年の絵画『太陽を目指し走るオーリーオーン』。メトロポリタン美術館所蔵。

盲目になったオリオンは、身動き出来ずにうずくまっていた。彼に対し神託は、東の国に行き、ヘリオスが最初にオケアヌスから昇るとき、その光を目に受ければ、再び目が見えるようになるであろうと告げた。オリオンは、遥か東のレームノス島へと向かう。盲目の彼は、キュクロプスの槌を打つ音を頼りにレームノス島に辿り着いた。こうしてヘパイストスの鍛冶場に入り、ケーダリオーンという見習い弟子をさらって、彼を肩に乗せ案内させてオケアヌスの果てまで辿り着いた。彼を見たエーオース(暁)がオリオンに恋をし、兄ヘリオス(太陽神)がオリオンの目を治した。

オリオンは、オイノピオーンに復讐しようと再びキオス島に戻る。しかし目指す相手が見つからなかった。ヘパイストスがオイノピオーンのために造った地下室に隠れていたためである。オリオンは、オイノピオーンが祖父ミノスの元に逃げていると考え、海を渡ってクレータ島へと行った。クレータでは、アルテミス女神がいて、共に狩りをしようとオリオンを誘った[3]

エーオースとの交際[編集]

すぐに気を取り直したオリオンは今度は曙の女神エーオースとの恋に夢中になった。更にオリオンはエーオースとの交際中にもかかわらず、アトラスの娘プレイアデス七姉妹に恋し彼女等を追い掛け回した。エーオースの仕事は夜明けを告げることだが、オリオンと付き合っている間の彼女は彼に会いたいがために仕事を早々に引き上げてしまう。ところが夜明けの時間が短くなったのを狩りの女神アルテミスは不審に思い、エーオースの宮殿がある世界の東の果てまで様子を見にやってきた。そして、オリオンはアルテミスと運命的な出会いをするのである。

アルテミスとの交際[編集]

ギリシア一の狩人と狩猟の女神が恋に落ちるのには時間は掛からなかった。オリオンはアルテミスと供にクレータ島に渡り、穏やかに暮らしていた。神々の間でも二人の仲は評判になり、互いに結婚も考えていた。ところがアルテミスの兄アポロンはオリオンの乱暴な性格を嫌い、また純潔を司る処女神・アルテミスに恋は許されないとして二人の仲を認めず、ことあるごとにアルテミスを罵ったが、彼女は聞き入れなかった。

ダニエル・シーター英語版1685年の絵画『アルテミスと死せるオリオン』。ルーヴル美術館所蔵。

そこで、アポロンはオリオンの元に毒サソリを放つ(このサソリは、オリオンが動物たちを狩り尽くす事を懸念したガイアの放った刺客との説もある)。驚いたオリオンは海へと逃げた。丁度その頃、アポロンは海の中を頭だけ出して歩くオリオンを示し、「アルテミスよ、の達人である君でも、遠くに光るあれを射ち当てることは出来まい」と逃げるオリオンを指差したのである。あまりにも遠く、それがオリオンと認識できなかったアルテミスは「私は確実に狙いを定める弓矢の名人。容易い事です」とアポロンの挑発に乗って、弓を引いた。矢はオリオンに命中し、彼は恋人の手にかかって死んだ。

オリオン座の伝説[編集]

射たものが浜に打ち上げられて、初めてそれがオリオンだったことに気がついたアルテミスは神としての仕事を忘れるほど悲しんだ。アルテミスは、死者も蘇らせるという名医アスクレピオスのもとを訪ね、オリオンを生き返らせてくれるよう頼む。しかし、冥府の王ハデスが反対した。アルテミスはせめて最後にと、大神ゼウスに「オリオンを空に上げてください。さすれば私が銀の車で夜空を走って行く時、いつもオリオンに会えるからと」頼み込んだ。ゼウスもこれを聞き入れ、オリオンは星座として空に上がった。彼は月に一度会いに来るアルテミス(月神)を楽しみに待っているとされる。

オリオン座の神話、アルテミスの「オリオンの悲劇」の項も参照のこと。

オリオンの死因[編集]

オリオンの死因には諸説ある。以下に有名なものを挙げる。

  • 『私にかなう動物など、この世にあるものか!』とオリオンが高言。怒ったガイア(またはヘラ)が、大サソリを放って彼を刺し殺させた。そのためオリオンは星座になった後もサソリを恐れて、さそり座が西へ沈んでしまうまでは決して東から顔を出さず、サソリが東の空へ現われると、西へ沈んでしまうと云われている。もっともこれは、星座ができた後に作られた神話とも言われている。
  • 曙の女神アウローラローマ神話の女神。エーオースである)がオリオンに恋をしたため、怒ったアルテミスがオリオンを射殺してしまった。夏の明け方、東の空に姿をみせたオリオンが、曙の女神アウローラに愛されて、その幸せそうな様子に嫉妬したアルテミスによって射殺された。朝陽が出る頃には次第に光を失って消えてしまうところから云われている。
  • アルテミスに円盤投げをいどんだため、身のほど知らずとして射ち殺された。
  • アルテミスの兄アポロンを崇拝していた乙女オーピスを暴行したため、アルテミスに射ち殺されてしまった[4]

系図[編集]

 
 
 
アゲーノール
 
テーレパッサ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
カドモス
 
 
 
エウローペー
 
ゼウス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
クレータの牡牛
 
パーシパエー
 
ミーノース
 
サルペードーン
 
ラダマンテュス
 
アルクメーネー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アイゲウス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ミーノータウロス
 
 
 
 
 
 
 
 
デウカリオーン
 
アンドロゲオース
 
グラウコス
 
 
 
ディオニューソス
 
アリアドネー
 
テーセウス
 
パイドラー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
カトレウス
 
 
イードメネウス
 
クレーテー
 
モロス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アカマース
 
 
 
デーモポーン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アーエロペー
 
アトレウス
 
クリュメネー
 
ナウプリオス
 
メーリオネース
 
トアース
 
ミュリーネー
 
スタピュロス
 
ペパレートス
 
 
 
オイノピオーン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アガメムノーン
 
メネラーオス
 
パラメーデース
 
オイアクス
 
 
 
イアーソーン
 
ヒュプシピュレー
 
モルパディアー
 
パルテノス
 
ロイオー
 
メロペー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エウネーオス
 
ネブロポノス
 
トアース
 
 
 
 
 
アニオス
 

脚注[編集]

  1. ^ a b c グレイヴズ、41章a
  2. ^ 呉茂一、p214
  3. ^ グレイヴズ、41章b, c
  4. ^ アポロドーロス、一巻 IV 5

参考書籍[編集]

  • アポロドーロス 『ギリシア神話』 岩波書店
  • 呉茂一 『ギリシア神話』 新潮社
  • ロバート・グレイヴズ 『ギリシア神話』 一巻本 紀伊國屋書店

外部リンク[編集]