アントン・ラファエル・メングス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
自画像

アントン・ラファエル・メングス(Anton Raphael Mengs, 1728年3月12日1779年6月29日)は、ドイツの画家。現在のチェコウースチー・ナド・ラベムに生まれた。

ローママドリードザクセンなどで活動したが、特にスペインカルロス3世宮廷画家として有名である。新古典主義における先駆者の一人とみなされる。

略歴[編集]

現在のチェコのウースチー・ナド・ラベムで生まれた。父親はデンマーク生まれでザクソン王室の宮廷画家、Ismael Mengsである。父親から絵画を学んだ。姉のテレーゼ(Therese Maron)、妹のユリア(Julia Charlotte Mengs)も画家となった。1741年から1744年の間、父親とローマに住み、巨匠たちの作品を学んだ。ドイツに戻り、17歳でドレスデンで画家として雇われた。

1746年に再びローマを訪れ、カトリックに改宗し、イタリア女性と結婚した。1749年にドレスデンに戻り1751年にザクセン選帝侯フリードリヒ・アウグスト2世の宮廷で、宮廷画家として雇われた。1751年にローマに行き、サン・ルカ・アカデミーの会員に選ばれた。1755年に新古典主義の理論的支柱よなった美術史家のヨハン・ヨアヒム・ヴィンケルマンと知り合い、大きな影響を受け、メングスはロココ様式を離れた、新古典主義の先駆者の一人となった。この時代、スペインの大使で美術愛好家のホセ・ニコラス・デ・アサーラ(José Nicolás de Azara)の支援を受けた。

1755年に、ローマ教皇クレメンス13世から、Cavaliere di speron d'oroの称号を受け、1759年にナポリに旅し、王族の肖像を描いた。ナポリ王、シチリア王であった カルロス3世がスペイン王を継ぐためにマドリードに移ると、メングスはローマに戻り、枢機卿アルビニ邸(Villa Albani)にフレスコ画を描いた。この作品はドイツ古典主義の重要な作品となった。1761年にマドリードに招かれ、ジョヴァンニ・バッティスタ・ティエポロとともに宮殿の装飾画を描いた。この頃ヴィンケルマンと対立し、二人の友情は終わった。

その後、またローマに戻り、ヴァチカンから報酬を受け、サン・ルカ・アカデミーの会長に任じられた。

1772年スペイン王の命令でマドリードに戻り、若き日のフランシスコ・デ・ゴヤの才能を見出し支援した。病気でローマに戻り、ローマで没した。

作品[編集]