アカデミア・ディ・サン・ルカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

アカデミア・ディ・サン・ルカ(聖ルカアカデミー)は、フェデリコ・ツッカリにより1593年に公式に設立された、ローマの芸術家協会である。

伝説によると、最初に聖母マリアの肖像画を描いたのは、聖ルカであったということから、すべての芸術家の保護者とみなされていたため、このアカデミアは、聖ルカアカデミーと命名された。

概要[編集]

イタリアにおける最初の美術家養成の組織は、1563年に、画家、美術史家のジョルジョ・ヴァザーリが願いでて、コジモ1世によってフィレンツェに作られたアカデミア・デル・ディセーニョ(Accademia del Disegno)であるが、個々の画家の記録を残しただけで間もなく衰退した。アカデミア・ディ・サン・ルカは、学問を奨励した教皇グレゴリウス13世の時代の1577年に美術家の会としてフェデリコ・ツッカリがフェデリコ・ボッロメオらと設立し、1593年からツッカリが会長となって、教育機関として改革を進め、ツッカリは"Idea de'pittori scultori ed architetti"を発表した。

教育と公開の展覧会を通じて、ヨーロッパ各国の美術院のモデルとなった。

会員の間で、芸術上の論争が行われることもあり、17世紀の後半にアンドレア・サッキ(Andrea Sacchi:1599–1661)とピエトロ・ダ・コルトーナ(Pietro da Cortona:1596-1669)の間で議論された「古典主義」と「バロック絵画バロック」の論争が知られている。

イタリア統一後、1872年に王立美術院("Accademia Reale")と改名された。1948年に("Accademia nazionale di San Luca”)と改名された。


重要なアカデミー会員[編集]

  • フィリッポ・ガリアルディ
  • フィリッポ・ラウリ
  • トンマゾ・マリア・コンカ
  • ピエトロ・ダ・コルトーナ
  • ガスパーロ・モーラ
  • ピエル・フランチェスコ・モーラ
  • フィリッポ・デッラ・ヴァッレ
  • カルロ・マルキノッティ
  • アゴスティーノ・マスッチ
  • アントニオ・カノーヴァ

外部リンク[編集]