ジョルジョ・ヴァザーリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジョルジョ・ヴァザーリ
Giorgio Vasari Selbstporträt.jpg
『自画像』
生誕 (1511-07-30) 1511年7月30日
アレッツォ
死没1574年6月27日(1574-06-27)(62歳)

ジョルジョ・ヴァザーリGiorgio Vasari, 1511年7月30日 - 1574年6月27日[1])は、イタリアマニエリスム期の画家建築家ミケランジェロの弟子[2][3]

生涯[編集]

イタリアのアレッツォ生まれ。1529年ローマを訪れ、ラファエロらの作品に学ぶ。のちにメディチ家トスカーナ大公コジモ1世(1519年-1574年)お抱えの芸術家となった。現在は美術館になっているウフィッツィ宮殿も手掛けている。

ミケランジェロを中心にルネサンス期の芸術家の評伝を書き、これは美術史の基本資料になっている。『画家・彫刻家・建築家列伝』は1550年に出版され、チマブーエからミケランジェロまで芸術家133人の作品と生涯を記している(1568年の第二版では30人を追加)。この中で「再生」 (rinascita) という用語を用いており、ヴァザーリが中世とは異なるルネサンスの時代を強く意識していたことが示されている。また、1563年には美術アカデミー、アカデミア・デッレ・アルティ・デル・ディゼーニョを創立する。1572年からフィレンツェ大聖堂ドーム天井に『最後の審判』のフレスコ画を描くが、1574年逝去(天井画は1579年に完成)。

絵画[編集]

ウルカヌスの鍛冶場』(1564頃)
ウフィツィ美術館蔵 (フィレンツェ)
『ゲッセマネの祈り』(1570頃)
国立西洋美術館蔵 (東京)
レオナルド・ダ・ヴィンチの未完成の壁画「アンギアーリの戦い」と、ミケランジェロの未完成の壁画「カッシナの戦い」の上に描いたとされている。
  • ストゥディオーロ(ヴェッキオ宮殿内の小書斎)壁画
  • フィレンツェ大聖堂ドーム天井画「最後の審判」

建築[編集]

著作[編集]

日本語訳は、各白水社(各・新装版、2009年)- 抜粋版で、主要作家を訳す
  • 『ルネサンス画人伝』(1982年)
  • 『続 ルネサンス画人伝』(1995年)
  • 『ルネサンス彫刻家建築家列伝』(1989年)
    • 『芸術家列伝』白水Uブックス 全3冊(2011年)- 新書判で、著名な計17名の画家を収録

伝記研究[編集]

  • ラウル・コルティ『ヴァザーリ』 岡田温司訳、京都書院〈カンティーニ美術叢書5〉、1995年
  • ロラン・ル・モレ『ジョルジョ・ヴァザーリ-メディチ家の演出者』 平川祐弘・平川恵子共訳、白水社、2003年
  • 『ルネサンスの演出家 ヴァザーリ』 野口昌夫編、稲川直樹・石川清・桑木野幸司・赤松加寿江、白水社、2011年。序文樺山紘一
  • イングリッド・ローランド/ノア・チャーニー『「芸術」をつくった男』 北沢あかね訳、柏書房、2018年
  • 古川萌『ジョルジョ・ヴァザーリと美術家の顕彰 16世紀後半フィレンツェにおける記憶のパトロネージ』 中央公論新社、2019年

その他[編集]

  • 『ヴァザーリの芸術論 「芸術家列伝」における技法論と美学』平凡社、1980年
晩年の林達夫指導による、辻茂若桑みどりほか「ヴァザーリ研究会」での最初期の抜粋編訳註・研究
  • 『ボッティチェリとリッピ イラストで読むジョルジョ・ヴァザーリの「芸術家列伝」』
  • 『ミケランジェロとヴァザーリ イラストで読む「芸術家列伝」』
古山浩一・イラスト、古玉かりほ編・解説、柾谷美奈訳、芸術新聞社、2014-15年

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ Giorgio Vasari Italian artist and author Encyclopædia Britannica
  2. ^ イタリア・フィレンツェへ ミケランジェロを訪ねる旅”. NHKオンライン (2016年10月23日). 2018年4月4日閲覧。
  3. ^ 中島智章『世界で一番美しい天井装飾』エクスナレッジ、2015年、11頁。ISBN 978-4-7678-2002-6
  4. ^ 美術検定実行委員会編『美術検定 過去問題集 2008』美術出版社、2008年、30-31頁。