ジュリアーノ・ヴァンジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
"The meeting".

ジュリアーノ・ヴァンジGiuliano Vangi, 1931年3月13日- )はイタリア彫刻家。芸術分野でのノーベル賞とも言える高松宮殿下記念世界文化賞を、2002年に彫刻部門で受賞している。

ヴァンジはバルベリーノ・ディ・ムジェッロに生まれ、フィレンツェ国立美術学校で学んだ。1959年ブラジルへ移り、水晶や鉄、鋼鉄を材料とした抽象作品を制作した。1962年にイタリアへ戻り、ヴァレーゼを拠点とし、後にペーザロへ移った。その後、フィレンツェのアカデミア美術館、ローマの聖ルカアカデミーの一員となり、イタリアの多くの場所で作品展示を行った。

これまでの作品には、フィレンツェの「洗礼者ヨハネ(la statua di San Giovanni Battista)」、シエーナのポスティエルラ広場にある「雌オオカミ(La Lupa)」、パドヴァ大聖堂の十字架像と新装の内陣用彫刻、ピサ大聖堂の正餐台、バチカン美術館入口の彫刻などがある。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]