メッシーナ海峡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
人工衛星より見たメッシーナ海峡

メッシーナ海峡(メッシーナかいきょう、伊語:Stretto di Messina)は、シチリア島イタリア本土(カラブリア州)の間にある海峡である。海峡の西はティレニア海、東はイオニア海である。

概要[編集]

いちばん狭い箇所は約3kmで、位置は北緯38°00' から 38°20' まで東経 15°30' から 15°40' まで。

Peloritani山から望むメッシーナ海峡

第二次世界大戦時には、イタリアが降伏する直前の1943年9月2日夜には、連合国軍(イギリス軍カナダ軍)が海峡を横断してイタリア本土への上陸作戦を開始。翌日朝には上陸を成功させた[1]

カラブリアのヴィッラ・サン・ジョヴァンニとシチリア側のメッシーナ間には、鉄道連絡船と水中翼船が頻繁に行き交っているが、人のみの輸送は行っていない。また本土と島を結ぶメッシーナ海峡大橋が完成すると、廃止される可能性がある。レッジョ・ディ・カラブリアメッシーナ間は個人輸送用の水中翼船の航路があるが、こちらも廃止される可能性がある[2]

メッシーナ海峡大橋[編集]

2011年に、メッシーナ海峡をまたいでシチリア島をつなぐ吊橋のメッシーナ海峡大橋の建造が予定されていたが、予算などの問題で2006年に建設中止となった。 政権交代により2009年に計画は復活されたが、2013年に再び中止となっている。

メッシーナのトッレファロ村から見たメッシーナ海峡の最狭部

海峡に面するコムーネ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 連合軍、イタリア本土に上陸(昭和18年9月4日 朝日新聞)『昭和ニュース辞典第8巻 昭和17年/昭和20年』p406 毎日コミュニケーションズ刊 1994年
  2. ^ https://www.youtube.com/watch?v=aPyGZEGXm9Q

関連項目[編集]