ペイシストラトス (ギリシア神話)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ペイシストラトス古希: Πεισίστρατος, Peisistratos, ラテン語: Pisistratus)は、ギリシア神話の人物である。ピュロスの王ネストールの子で、ペルセウス、ストラティコス、アレートス、エケプローン、アンティロコストラシュメーデースペイシディケー、ポリュカステーと兄弟[1][2]。同名の子ペイシストラトスの父[3]

テーレマコスオデュッセウスの消息を尋ねるためにピュロスを訪問したとき、ネストールの命でテーレマコスをスパルタメネラーオスのもとに案内した[4][5]。このときペイシストラトスは槍の扱いに長け、武将としての実力を備えていたが、まだ青年で妻もいなかった[6]。またトロイア戦争で戦死した兄アンティロコスとは面識がない[7]

一説に紀元前6世紀頃のアテナイ僭主ペイシストラトスはネストールの子孫とされ、その名前もペイシストラトスにちなんで名づけられたという[8]。しかし『オデュッセイア』のペイシストラトスはむしろ僭主ペイシストラトスのために創造された登場人物であり、したがって『オデュッセイア』は前6世紀頃のアテナイで現在の形にまとめられたという説がある[9]

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アイオロス
 
エナレテー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アルキュオネー
 
カナケー
 
カリュケー
 
サルモーネウス
 
 
 
 
 
 
シーシュポス
 
アタマース
 
デーイオーン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ポセイドーン
 
テューロー
 
クレーテウス
 
 
 
 
 
プリクソス
 
ヘレー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アイソーン
 
アミュターオーン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ペレース
 
 
 
 
 
ペリアース
 
ネーレウス
 
イアーソーン
 
 
 
 
 
 
メラムプース
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アドメートス
 
アルケースティス
 
アカストス
 
ネストール
 
ペーロー
 
ビアース
 
アバース
 
アンティパテース
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エウメーロス
 
プローテシラーオス
 
ラーオダメイア
 
ペイシストラトス
 
 
 
タラオス
 
 
 
 
 
 
 
オイクレース
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アドラーストス
 
エリピューレー
 
 
 
アムピアラーオス
 
 
 
 
 
 
 


脚注[編集]

  1. ^ アポロドーロス1巻9・9。
  2. ^ 『オデュッセイア』3巻。
  3. ^ パウサニアス、2巻18・8。
  4. ^ 『オデュッセイア』3巻-4巻。
  5. ^ 『オデュッセイア』15巻。
  6. ^ 『オデュッセイア』3巻400行-401行。
  7. ^ 『オデュッセイア』4巻201行。
  8. ^ ヘーロドトス、5巻65。
  9. ^ 松平千秋訳『オデュッセイア(上)』の注釈、p.60の13。

参考文献[編集]

関連項目[編集]