デーイオーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

デーイオーン古希: Δηΐων, Dēïōn)は、ギリシア神話の人物で、ポーキス地方の王である。長母音を省略してデイオンとも表記される。

アイオロスエナレテーの子で、クレーテウスサルモーネウスシーシュポスアタマースマグネースペリエーレースカナケーアルキュオネーペイシディケーカリュケーペリメーデーと兄弟[1]

クスートスの娘ディオメーデーを妻とし、1女アステロディアーと、4子アイネトス、アクトールピュラコスケパロスを得た[2]

デーイオーンの子供の中では特にケパロスが有名で、彼は暁の女神エーオースや、プロクリスに愛された[3][4]。しかしケパロスの系譜には異説があり、しばしば混乱が見られる。アポロドーロスによればエーオースに愛されたケパロスはアテーナイケクロプスの娘ヘルセーヘルメースの子であり[5]、プロクリスに愛されたケパロスとは別人である[6]

系図[編集]

アイオロス
 
クスートス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
デーイオーン
 
ディオメーデー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アイアコス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ミニュアース
 
アイネトス
 
アクトール
 
エーオース
 
ケパロス
 
プロクリス
 
アステロディアー
 
ポーコス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ピュラコス
 
 
 
クリュメネー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アルケイシオス
 
アウトリュコス
 
クリーソス
 
パノペウス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イーピクロス
 
 
 
 
 
アカストス
 
アルキメデー
 
アイソーン
 
 
 
ラーエルテース
 
アンティクレイア
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ポダルケース
 
プローテシラーオス
 
ラーオダメイア
 
 
 
イアーソーン
 
 
 
 
 
 
 
オデュッセウス
 
 
 


脚注[編集]

  1. ^ アポロドーロス、1巻7・3。
  2. ^ アポロドーロス、1巻9・4。
  3. ^ アントーニーヌス・リーベラーリス、41話。
  4. ^ ヒュギーヌス、189話。
  5. ^ アポロドーロス、1巻14・3。
  6. ^ アポロドーロス、3巻15・1。

参考文献[編集]