クティメネー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

クティメネー古希: Κτιμένη, Ktimenē, : Ctimene)は、ギリシア神話の女性である。イタケー島の王ラーエルテースアンティクレイアの娘で、オデュッセウスと兄妹[1]長母音を省略してクティメネとも表記される。

アンティクレイアは後にオデュッセウスの豚飼となるエウマイオスとともにクティメネーを育て、年頃になるとサメー島に嫁がせた[2]。彼女の夫はもしかしたらオデュッセウスの部下としてトロイア戦争に出兵し、生きて帰ることができなかったエウリュロコスかもしれない。この人物は『オデュッセイアー』の中で彼の主と姻戚関係にあったと語られており[3]、古註によればクティメネーの夫であるという[4]。他の説によるとドゥーリキオンの王ピューレウスの妻で、メゲースの母[5][6]

系図[編集]

 
ケパロス
 
プロクリス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ペルセウス
 
アンドロメダ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アルケイシオス
 
アウトリュコス
 
 
 
 
 
オイバロス
 
ゴルゴポネー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ラーエルテース
 
アンティクレイア
 
 
 
 
 
テュンダレオース
 
イーカリオス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
クティメネー
 
 
 
カリディケー
 
オデュッセウス
 
ペーネロペー
 
 
 
イプティーメー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
カリュプソー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
キルケー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ナウシトオス
 
ナウシノオス
 
ポリュポイテース
 
テーレマコス
 
ラティーノス
 
テーレゴノス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


脚注[編集]

  1. ^ 『オデュッセイアー』15巻363行。
  2. ^ 『オデュッセイアー』15巻363行-367行。
  3. ^ 『オデュッセイアー』10巻441行。
  4. ^ 松平訳注の上巻、p.364。
  5. ^ 高津春繁『ギリシア・ローマ神話辞典』p.211b。
  6. ^ 高津春繁『ギリシア・ローマ神話辞典』p.279a。

参考文献[編集]