ナウシトオス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ナウシトオス古希: Ναυσίθοος, Nausithoos)は、ギリシア神話の人物である。同名の人物が複数おり、主に、

が知られている。以下に説明する。

パイアーケス人の王[編集]

この人物はギガースの王エウリュメドーンの娘ペリボイア海神ポセイドーンの子。レークセーノールとアルキノオスの父[1]

もともとパイアーケス人はヒュペレイアの地にキュクロープス族と隣接して住んでいたが、キュクロープスたちからひどい暴力を受けていたため、ナウシトオスは人々を率いてスケリア島(ケルキュラ、現在のコルフ島といわれる)に移住し、都市を建設して初代の王となった[2]

ナウシトオスはパイアーケス人が、いつかポセイドーンの怒りによって島が山に囲まれるという予言を残したが[3]、これはアルキノオスがオデュッセウスをイタケーに送り届けたときに起こった[4]

オデュッセウスの子[編集]

この人物はオデュッセウスと女神カリュプソーの子で、ナウシノオスと兄弟[5]キルケーの子であるともいわれる[6]

脚注[編集]

  1. ^ 『オデュッセイア』7巻。
  2. ^ 『オデュッセイア』6巻。
  3. ^ 『オデュッセイア』8巻。
  4. ^ アポロドーロス、適用(E)7・25。
  5. ^ ヘーシオドス『神統記』1017行-1018行。
  6. ^ 高津春繁『ギリシア・ローマ神話辞典』p.179a。

参考文献[編集]

関連項目[編集]