カリュケー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

カリュケー古希: Καλύκη, Kalykē)は、ギリシア神話の女性である。長母音を省略してカリュケとも表記される。アイオロスエナレテーの娘で、クレーテウスシーシュポスサルモーネウスデーイオーンマグネースペリエーレースカナケーアルキュオネーペイシディケーペリメーデーと兄弟[1]

アエトリオスゼウスプロートゲネイアの子)の妻となり、エンデュミオーンの母となった[2][3]。一説によればカリュケーはゼウスとの間にエンデュミオーンを生んだ[2]。また海神ポセイドーンとの間にアキレウスに殺されたキュクノスを生んだ[4]

エンデュミオーンはエーリスの創建者で、の女神セレネーに愛されたことで有名。

 
 
 
 
 
 
アイオロス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アエトリオス
 
カリュケー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エンデュミオーン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アイトーロス
 
 
 
 
 
 
アミュターオーン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
プレウローン
 
 
カリュドーン
 
アイオリアー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アゲーノール
 
エピカステー
 
 
 
プロートゲネイア
 
 
 
 
アレース
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ポルターオーン
 
 
 
 
 
 
デーモニーケー
 
アレース
 
オクシュロス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アグリオス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エウエーノス
 
モーロス
 
ピュロス
 
テスティオス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ペリボイア
 
オイネウス
 
アルタイアー
 
マルペーッサ
 
イーダース
 
レーダー
 
テュンダレオース
 
ヒュペルムネーストラー
 
オイクレース
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
テューデウス
 
デーイアネイラ
 
ヘーラクレース
 
メレアグロス
 
クレオパトラー
 
 
 
ヘレネー
 
 
 
 
 
アムピアラーオス
 
 
 


脚注[編集]

  1. ^ アポロドーロス、1巻7・3。
  2. ^ a b アポロドーロス、1巻7・5。
  3. ^ ヘーシオドス断片10。
  4. ^ ヘッラニコス断片(ヘーシオドス断片178 による)。

参考文献[編集]

関連項目[編集]