アローエウス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

アローエウス古希: Ἀλωεύς, Alōeus)は、ギリシア神話の人物である。長母音を省略してアロエウスとも表記される。主に、

の2人が知られている。以下に説明する。

カナケーの子[編集]

このアローエウスは、アイオロスの娘カナケーとポセイドーンの子で、ホプレウス、エポーペウスニーレウストリオプスと兄弟。トリオプスの娘イーピメディアとの間に[1]アローアダイと呼ばれる双子オートスとエピアルテース[2][3]、また娘パンクラティスをもうけた[4]。しかしアローアダイはイーピメディアとポセイドーンの子ともいわれる[5][6][7]

ヘーシオドスによると、アイトーリア地方のアロス市はアローエウスによって創建された[6]。アローエウスはイーピメディアとパンクラティスがトラーキア人にさらわれたとき、アローアダイに命じて2人を探しに行かせた。アローアダイはナクソス島で2人を発見し、トラーキア人と戦って勝利した[8]

ヘーリオスの子[編集]

このアローエウスは、太陽神ヘーリオスの子で、アイエーテースと兄弟。エポーペウスの父で、マラトーンの祖父[9]

ヘーリオスはアローエウスにアソーピア(シキュオーン)、アイエーテースにエピュライア(コリントス)を与えたが、アイエーテースは後にエピュライアをヘルメースの子ブーノースに与えてコルキスに去り、ブーノースの死後、アローエウスの子エポーペウスは両方の土地を支配した。その後マラトーンに子がなく、メーデイアがコリントスを支配した[10]

脚注[編集]

  1. ^ アポロドーロス、1巻7・4。
  2. ^ 『イーリアス』5巻。
  3. ^ パウサニアス、9巻22・6。
  4. ^ シケリアのディオドロス、5巻50・6。
  5. ^ 『オデュッセイア』11巻。
  6. ^ a b ヘーシオドス断片16(ロドスのアポロニオス、1巻482行への古註)。
  7. ^ アポロドーロス、1巻7・4。
  8. ^ シケリアのディオドロス、5巻51・1。
  9. ^ パウサニアス、2巻1・1。
  10. ^ エウメーロス断片(パウサニアスによる引用、2巻3・10)。

参考文献[編集]

関連項目[編集]