カナケー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

カナケー古希: Κανάκη, Kanakē)は、ギリシア神話の女性である。長母音を省略してカナケとも表記される。主に、

の2人が知られている。

アイオリス人の名祖アイオロスの娘[編集]

このカナケーアイオロスエナレテーの娘で、クレーテウスシーシュポスサルモーネウスアタマースデーイオーンマグネースペリエーレースアルキュオネーペイシディケーカリュケーペリメーデーと兄弟[1][2]海神ポセイドーンとの間にホプレウス、ニーレウスエポーペウスアローエウストリオプスを生んだ[3]

風神アイオロスの娘[編集]

このカナケーテュレーニアーの王アイオロスの娘で[4]、兄弟のマカレウス近親相姦の恋に落ちたとされる。この物語はエウリーピデース悲劇『アイオロス』で上演し、その後、オウィディウスが『名婦の書簡』で取り上げ、ヒュギーヌスも断片的に触れている。それらによると、カナケーとマカレウスとの間に子供が生まれたが、赤子が泣いたためにアイオロスに見つかり、赤子は山に捨てられてに食わされる。カナケーはアイオロスが送ってきた剣で自殺[5][6]、マカレウスもまた自殺する[7]。ヒュギーヌスは、カナケーがアイオロスによって殺されたとも述べている[8]

脚注[編集]

  1. ^ ヘーシオドス『名婦列伝』断片(fr.10)。
  2. ^ アポロドーロス、1巻7・3。
  3. ^ アポロドーロス、1巻7・4。
  4. ^ 『ギリシア悲劇全集12 エウリーピデース断片』p.8。
  5. ^ 『名婦の書簡』11話「カナケーからマカレウスへ」。
  6. ^ ヒュギーヌス、243話。
  7. ^ ヒュギーヌス、242話。
  8. ^ ヒュギーヌス、238話。

参考文献[編集]