風神

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アジアにおける風神像の変遷
左:ヘレニズムの風神/2世紀ハッダにて、ガンダーラ美術の下で作られた像。風を蓄えた袋を背負っている。

中:キジル石窟の風神/7世紀タリム盆地で造営された仏教石窟寺院壁画に見られる風神の図。風袋を背負ってはいるが、ここではよりアジア的な、インド文化の影響の色濃い精霊の姿に変わっている。

右:日本の風神/17世紀日本の絵師・俵屋宗達が描いた風神図(風神雷神図屏風右隻の部分)。風袋を背負う様式を踏襲しながらも、姿は大きく変容し、青い鬼神になっている。
鬼神としての風神/俵屋宗達 風神雷神図屏風の右隻より、風神図(部分)
鬼神としての風神/日光山輪王寺大猷院霊廟の風神像
黄色い息を吐いて厄害をもたらす、邪神・疫病神としての風神/奇談集『絵本百物語巻第5 第39「風の神」。天保12年(1841年)刊。絵は竹原春泉による。

風の神/風神(かぜのかみ)[1][2]とは、第1義には、を司るであり[1]、その日本語名称、さらに言えば大和言葉に基づく名称である。同様の存在を漢語では中国語でも日本語でも「風神日本語読み:ふうじん)[1][3]」「風伯日本語読み:ふうはく)[4]」「風師日本語読み:ふうし)[5]」といい、日本ではシナツヒコ[6]や風三郎/風の三郎(かぜのさぶろう)[7]および風の又三郎(かぜのまたさぶろう)などが、中国では飛廉(いて座)や箕伯がこれに該当する神の一種といえる。

第2義には、風邪を流行らせる日本の疫病神を指す[1]

さらに第3義には、江戸時代の日本にいた乞食の一種で、風邪が流行った時に風邪の疫病神を追い払うと称して門口に立ち、をかぶりかね)や太鼓を打ち鳴らして金品をねだる者[1]、すなわち「風神払/風の神払い(かぜのかみはらい)[8]」を指す[1]

なお、風を司るか関わるかする精霊妖怪をもその名で呼ぶが、そもそも的存在である神や精霊・妖怪に定義し得るような明確な境目などは無く、自然のと同じように捉える側の感覚価値観が名称と扱いを決めているに過ぎない。

また、日本でいうところの風の神(第1義)に相当する霊的存在は世界に偏在する。文化的背景からして大いに異なるがゆえ、それらは様々に個性ある存在であり、の風を運ぶ神もいれば、暴風雨で破壊して廻る神もいる。その一方で、文化の伝播による関連性が見出される例も少なくはない(■右の画像も参照のこと)。

日本の風神[編集]

古事記』や『日本書紀』に記された神話の中では、シナツヒコが風神とされている。『古事記』では、神産みにおいてイザナギイザナミの間に生まれた神であり、風の神であるとしている。『日本書紀』では神産みの第六の一書で、イザナミが朝霧を吹き払った息から級長戸辺命(しなとべのみこと)またの名を級長津彦命という神が生まれ、これは風の神であると記述している。

太平記』の記述として、(元寇の際)伊勢神宮風宮に青い鬼神が現れ、土嚢(※風袋のこと)から大風を起こしたとあり、少なくとも室町時代には風神のビジュアル(風袋を持った青鬼)が確立していたことがわかる(※風袋に関して、大陸渡来であることは別項「風神雷神図」に詳しい)。このような鬼神型の風神は、青の姿で表現される一方で、遠くヘレニズム文化から伝播したと見られる風袋(※これをふいごのようにして風を起こす)を背負った様式で描かれる。俵屋宗達風神雷神図屏風はその代表的なものである。また、このような風神はの神と密接に関係しており、雨を呼ぶ稲妻を司る雷神は、風神と対をなす存在となっている。

平安時代の歌学書『袋草子』、鎌倉時代の説話集『十訓抄』には、災害や病気をもたらす悪神としての風神を鎮めるための祭事があったことが述べられている[9]奈良県龍田大社では7月4日に風神祭りが行われている。

風の又三郎(かぜのまたさぶろう)は、東北地方各地で信仰されてきた半ば妖怪ともいえる風の神であり、古来神社で祀られてきた。新潟県などで信仰されてきた風三郎/風の三郎(かぜのさぶろう)も同根である。このような形の風神は、日本各地に似たようなものが見られる。宮沢賢治短編小説風の又三郎』とその先駆作『風野又三郎』はこの風神に材を採った作品である。また、日本の楽曲北風小僧の寒太郎』にも少なくとも発想の上で影響が見られる。

疫病神としての風の神は、空気の流動が農作物や漁業への害をもたらし、人の体内に入ったときは病気を引き起こすという、中世の信仰から生まれたものである。「かぜをひく」の「かぜ」を「風邪」と書くのはこのことに由来すると考えられており、江戸時代には風邪の流行時に風の神を象った藁人形を「送れ送れ」と囃しながら町送りにし、野外に捨てたり川へ流したりしたという[9]。江戸時代の奇談集『絵本百物語』では、風の神は邪気のことであり、風に乗ってあちこちをさまよい、物の隙間、暖かさと寒さの隙間を狙って入り込み、人を見れば口から黄色い息を吹きかけ、その息を浴びたものは病気になってしまうとされる[10]。また「黄なる気をふくは黄は土にして湿気なり」と述べられており、これは中国黄土地帯から飛来する黄砂のことで、雨天の前兆、風による疫病発生を暗示しているものといわれる[9]西日本各地では、屋外で急な病気や発熱に遭うことを「風にあう」といい、風を自然現象ではなく霊的なものとする民間信仰がみられる[11]

日本の風神の関連作品[編集]

中国の風神[編集]

インドの風神[編集]

風神ヴァーユは、日常の風を司る。その名は「風」の意。アーリア人最古層に属する神。仏教における風天の起源である。

暴風雨を司るのはマルト神群で、彼らもアーリア人最古層に属する。『リグ・ヴェーダ』において最も多く謳われている英雄インドラ(※武勇などを司る雷霆神)に付き従う神々であり、それゆえに彼らにも多くの讃歌が捧げられている。

暴風神ルドラは、破壊的な暴風雨とそれが過ぎ去った後に訪れる全てを生まれ変わらせるような爽快感を司る。その名は「咆哮者」の意。サイクロンの神格化ともいわれ、パンジャーブへ侵入して以降のアーリア人が信仰するようになったと考えられる。

創造に繋がる破壊と再生を司る大神シヴァは、様々な神の性質を取り込みつつ、ウパニシャッド哲学によって体系化されたヒンドゥー教の最高神であるが、暴風神ルドラは直接的原形として極めて重要である。シヴァの名は「慈悲深い」「吉祥な」という意味で、元はルドラの親和的(和魂的)一面を讃える慣用表現であった。

その他の世界の風神[編集]

詩歌[編集]

連歌俳諧俳句において「風神」や「風の神」は季題・季語ではない。しかし、「風神」が詠まれることは珍しくない。

  • 例句:風神雷神ふうじんらいじん 画幅がふくをど春嵐はるあらし ──長谷川かな女 『牡丹』[12]
  • 例句:つゑにすがつて風神過ぎる出土しゆつど ──橋閒石 『風景』(1963年/昭和38年刊)[12]
  • 例句:風神の春一番をほどきけり ──上田五千石 『田園』(1968年/昭和43年刊)補遺 [12]
  • 例句:風神の駈けりし後を野火は追ふ ──福田蓼汀 『秋風挽歌』(1969年/昭和44年刊)[12]
  • 例句:風神の袋の白き菜種梅雨なたねづゆ ──有馬朗人 『知命』(1972年/昭和47年刊)[12]

emoji[編集]

🌬️は、風の神と風に関する emoji(日本の携帯電話の絵文字から発展し、世界共通の記号として普及したところの emoji)である。ユニコード名は WIND BLOWING FACE (wind blowing face) 。日本語では「風の顔」「風を吹く顔」「風を吹いている顔」「風 絵文字」などと呼ばれている[13][14]

天気の分野の絵文字に追加する形で emoji として作成され、2014年に Unicode 7.0 で追加された[15][13]パソコンスマートフォンSNSの関連各社が独自のものを実装している[15][13]。各社のデザインは、地中海世界的な風の女神(アネモイ等のイメージ)が口を尖らせて右向きに風を吹かせている様子を図案化しているものがほとんどである(MicrosoftAppleGoogleTwitterFacebook、ほか)が、女神ではなく擬人化されたモチーフにしている社も一部にはあり(LG、ほか)[15]、しかしどちらも風の力の根源を表象化したものである。なお、カラー版の女神は、人ならざる者の色合いということで肌の色が青色系統で表現されている。カラー版の雲は、灰色系統もしくは青みがかった灰色で表現されている。テキスト版は 🌬

🌬️ wind blowing face
ユニコード名WIND BLOWING FACE
アップル:Wind Blowing Face [15]その他のコード名:Blowing Wind, Mother Nature [15]
他の英語通称:Wind Face [15]日本語通称:風の顔、風を吹く顔、風を吹いている顔、風 絵文字
コードポイント[ U+1F32C ][16]数値文字参照🌬 ][ 🌬[17][18][13]ショートコード[ : 未確認 : ][15]
分類:〈1:bidi class〉other neutral [19], 〈2:blockmiscellaneous symbols and pictographs(雑多な記号と絵文字)[19], 〈3:general category〉so (other symbol) [19],〈4:subhead〉weather symbol(天気)[19][14]
初めて実装された時期とバージョン:〈1〉2014年、Unicode 7.0 [15] 〈2〉2015年、Emoji 1.0 [15]
含意:強い風。強い風が吹く。風の神、風の精霊。
解説:表象化された風の力の根源が、口を尖らせて右のほうへ風を吹かせている。風の力の根源は、風の女神、もしくは、擬人化された雲。
  • 同じ subhead(小見出し)に含まれるのは、☔ Umbrella with Rain Drops(傘と雨)、🌧️ Cloud with Rain(雨雲)、🌡️ Thermometer(温度計)、🌫️ Fog()など、合計13コードポイント[20]
  • 天気に関係があって顔のある emoji としては、ほかに、🌞 Sun with Face(顔のある太陽)と、顔のある月(🌝 Full Moon with Face[顔のある満月]、🌚 New Moon with Face[顔のある新月]、🌛 First Quarter Moon with Face[顔のある上弦の月]、🌜 Last Quarter Moon with Face[顔のある下弦の月])がある。
  • 関連性のある emoji として、☀️ Sun(太陽)、☁️ Cloud(雲)、🌪️ Cloud with Tornado(竜巻のある雲、トルネード、ツイスター)、その他がある。

「風神」関連事象[編集]

風神の名をもつ[編集]

フウジンナミハグモ学名Cybaeus fuujinensis )(cf. fr) は、節足動物門蛛形綱クモ目ナミハグモ科英語版に分類されるナミハグモ属クモの1。日本の熊本地方固有種である。

個体名として、「フウジン」がそのまま[21]あるいは「アイネスフウジン」のように構成素として用いられることは珍しくない。競走馬の世界では馬主や出身牧場の名を冠した「〇〇フウジン」が何例も見られる[22]インドヴァーユ神がそうであるように、素早く駆け抜けることは日常の風を司るタイプの風神の大きな特徴の一つであり、駿馬を求める関係者にとって魅力的なネーミングになっている。

三菱電機は、掃除機(電気掃除機)の商標名として2013年(平成25年)3月1日から「風神」を使用している[23][24]。“強い吸引力持続ときれいな排気を両立した”と謳うサイクロン式掃除機「風神」シリーズがそれ[25][26][27]。サイクロン式とは、掃除機の機構としてイギリス企業ダイソン1990年に開発した方式で、20世紀末に普及し始めた集塵装置の代表的一形態[28]。流体の旋回流によって生じる遠心力を利用した粉塵の分離装置である[28]。「サイクロン式」の名は、強力な旋回流を自然界のサイクロンになぞらえたもので、サイクロンは風の神が司るという関連性から三菱電機は自社製品に「風神」の名を当てたものである。三菱電機は、一時期は「雷神」も発売していた。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f 風の神”. コトバンク. 2019年5月5日閲覧。
  2. ^ 風神”. 小学館『精選版 日本国語大辞典』. コトバンク. 2019年5月5日閲覧。
  3. ^ 風神”. コトバンク. 2019年5月5日閲覧。
  4. ^ 風伯”. コトバンク. 2019年5月5日閲覧。
  5. ^ 風師”. コトバンク. 2019年5月5日閲覧。
  6. ^ 級長津彦命”. コトバンク. 2019年5月5日閲覧。
  7. ^ 風の三郎”. 平凡社世界大百科事典』第2版. コトバンク. 2019年5月5日閲覧。
  8. ^ 風神払”. 小学館『精選版 日本国語大辞典』. コトバンク. 2019年5月5日閲覧。
  9. ^ a b c 竹原・多田 1997, pp. 166-167.
  10. ^ 竹原・多田 1997, p. 107.
  11. ^ 村上 2000, pp. 105-106.
  12. ^ a b c d e 風神”. 575筆まか勢 (2019年3月20日). 2020年3月26日閲覧。
  13. ^ a b c d 風の顔 絵文字”. Let’s EMOJI. Let’s Emoji Project (2018年7月18日). 2020年3月26日閲覧。
  14. ^ a b 風を吹いている顔(風)”. Lister. 2020年3月26日閲覧。
  15. ^ a b c d e f g h i ジェレミー・バーグ英語版(絵文字史学者、Emojipediaの創設者、世界絵文字デー英語版の制作者). “🌬️ Wind Face”. Emojipedia (en). 2020年3月26日閲覧。
  16. ^ wikt:en:Appendix:Unicode/Miscellaneous Symbols and Pictographs
  17. ^ 香川考司(cf. KAKEN日本の研究.com). “主な特殊文字の文字コード(数値参照)”. Guppy. 2020年4月2日閲覧。
  18. ^ 🌬️”. Emoji絵文字辞書. EMOJIALL. 2020年4月2日閲覧。
  19. ^ a b c d 1F32C - Unicode Utilities: Character Properties”. Unicode CLDR Project (official website). Common Locale Data Repository (CLDR). 2020年4月3日閲覧。
  20. ^ Weather symbol - Unicode Utilities: Character Properties”. Unicode CLDR Project (official website). Common Locale Data Repository (CLDR). 2020年4月3日閲覧。
  21. ^ フウジン(抹消)- 競走馬詳細データ”. nankankeiba.com(南関東4競馬場 公式ウェブサイト) (2020年3月9日更新). 2020年3月27日閲覧。
  22. ^ ウインフウジン”. 公式ウェブサイト. ウインレーシングクラブ. 2020年3月27日閲覧。
  23. ^ 三菱サイクロン式掃除機「風神」TC-ZXCシリーズ新商品発売のお知らせ - ニュースリリース”. 公式ウェブサイト. 三菱電機 (2013年1月28日). 2020年3月27日閲覧。
  24. ^ 三木智子、櫻井翔一朗 (2019年6月12日). “IoTで未来を創る。三菱電機の暮らし空間イノベーション (PDF)”. 公式ウェブサイト. 三菱電機. 2020年3月27日閲覧。
  25. ^ サイクロン式と紙パック式、結局どっちが便利なの? 専門家が教える、最新掃除機の正しい選び方(GetNavi web)」『毎日新聞毎日新聞社、2017年11月18日。2020年3月27日閲覧。
  26. ^ 三菱電機、三菱サイクロン式掃除機「風神」TC-ZXGシリーズ「TC-ZXG30P」を含む2機種を発売 - プレスリリース」『日本経済新聞日本経済新聞社、2017年7月12日。2020年3月27日閲覧。
  27. ^ 軽いサイクロン式掃除機 三菱、「風神」発売へ」『朝日新聞デジタル朝日新聞社、2015年8月10日。2020年3月27日閲覧。
  28. ^ a b 早川豊彦、小学館『日本大百科全書(ニッポニカ)』. “サイクロン(集塵装置)”. コトバンク. 2020年3月27日閲覧。

参考文献[編集]

  • 竹原春泉(画)『絵本百物語─桃山人夜話』多田克己(編集)、京極夏彦ほか(文)、国書刊行会、1997年6月24日。OCLC 674645100ISBN 4-336-03948-8ISBN 978-4-336-03948-4
  • 村上健司(編著)『妖怪事典』毎日新聞出版、2000年4月17日。OCLC 45026652ISBN 4-620-31428-5ISBN 978-4-620-31428-0

関連項目[編集]