絵本百物語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

絵本百物語』(えほんひゃくものがたり)は、1841年天保12年)に刊行された日本の奇談集。

概要[編集]

著者は桃山人。(ただし序の署名には桃花山人と記されている)桃山人という名は本書のみで使用されているペンネームらしく、『国書総目録』(岩波書店)によれば、桃山人とは江戸時代後期の戯作者・桃花園三千麿のこととされている[1]

挿絵は竹原春泉斎によるもの。江戸時代の妖怪を主題とした版本は墨線による主版のみ、あるいは主版に薄墨などの淡色を重ねて刷ったものなどが多いが、本書は薄墨を重ねた他に緑・青・赤をはじめとした複数の色版を重ねた多色刷りで印刷された出版物であることも特徴のひとつである[2]

題名に「百物語」と銘打ってあるように、江戸時代に流行した百物語怪談本の一種といえるが、話ごとに物語の名称ではなく妖怪の名称を掲げた上に妖怪の挿絵をつけており、怪談集と画集とを融合させた作品ともいえる[3]。『桃山人夜話』(とうさんじんやわ)の書名でも知られているが、これは内題として各巻の冒頭に「桃山人夜話 巻第(数字)」と記されているものである[4]。民俗学者・藤沢衛彦1926年に著書『変態伝説史』などで本書を『桃山人夜話』の名で紹介しており、この書名が有名になったもの[5]と考えられている。いっぽう水木しげる1979年の『妖怪100物語』の参考資料欄に『絵本百物語』(著者・桃山人 発行年・不明)と記述して本書を挙げている[6]

本書とまったく同内容の『絵本怪談揃』(えほんかいだんぞろえ)という外題で出版された作品も2005年ころに確認されている[7]。序文の題の差し替えや内題も「桃山人夜話 巻第(数字)」ではなく「絵本怪談揃 巻第(数字)」になっている点など[8]を検討すると『絵本百物語』より先立って出版されたものであるとも見られ、桃花山人という表記と桃山人という表記が混在していることとの関係性、また『絵本百物語』の初版刊行は一般にいわれる天保12年(1841年)よりも前である可能性もあることが示唆されている[5]

本書と同じく江戸時代の妖怪画として知られる鳥山石燕の『画図百鬼夜行』を意識した造本との説もあり[9]、現代においても画集として『画図百鬼夜行』と並び賞されることが多く[3]、画風が似ていることも指摘されているが、どちらかといえば記号的といえる石燕の画に対し、春泉斎による妖怪画は躍動感や臨場感があるのが特徴とも評価されている[5]

収録作品[編集]

第一巻[編集]

第二巻[編集]

第三巻[編集]

第四巻[編集]

第五巻[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 国書研究室 『国書総目録 著者別索引』 岩波書店1991年、623頁。ISBN 978-4-00-008609-7
  2. ^ 湯本豪一 『江戸の妖怪絵巻』 光文社光文社新書〉、2003年、24頁。ISBN 978-4-334-03204-3
  3. ^ a b 少年社 1999, p. 203
  4. ^ 吉田幸一編 『怪談百物語』 古典文庫1999年、423頁。 
  5. ^ a b c 角川書店 2006, pp. 184-191
  6. ^ 水木しげる 『妖怪100物語』 小学館1979年
  7. ^ 川崎市市民ミュージアム 『「愛しの妖怪たち 追補」(「大水木しげる展」追加展示図録)』、2005年
  8. ^ 湯本豪一 『「資料紹介『絵本怪談揃』―『絵本百物語との関連で』―」(『川崎市市民ミュージアム紀要』第17集)』、2005年
  9. ^ 多田克己編 『竹原春泉 絵本百物語 -桃山人夜話-』 国書刊行会1997年、9-10頁。ISBN 978-4-336-03948-4 
  10. ^ 角川書店 2006, p. 158.
  11. ^ 角川書店 2006, p. 181.
  12. ^ 村上健司編著 『日本妖怪大事典』 角川書店〈Kwai books〉、2005年、244頁。ISBN 978-4-04-883926-6

参考文献[編集]

関連項目[編集]