風神神社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
風神神社
Kazagami jinja02.jpg
所在地 岐阜県中津川市阿木字川入5740-1
位置 北緯35度22分56.8秒
東経137度30分4.1秒
主祭神 志那都比古神 志那都比売神
創建 元和4年6月
例祭 8月27日から6日間
テンプレートを表示

風神神社(かざかみじんじゃ・かぜかみじんじゃ)は、岐阜県中津川市にある神社。本殿の背後に風穴があり、そこから一年中、風が吹き出ている。毎年8月31日の大祭の時のみ、風穴が開けられて台風の到来を予想する神事が行われる。

沿革・概略[編集]

  • 風神神社の始まりは平安時代と言われており奈良県龍田大社の分霊を勧請したと伝えられている。
  • 一時、衰退していたが、元和4年(1618年)6月に再興された。
  • 御神体は、大きな岩の上に祀られている。
  • 天候を司る風神を祀っているとのことで、例祭時には、五穀豊穣や豊作祈願を目的として多くの信者が参拝に訪れる。
  • 古くから女性が近づくと急に天候が荒れると言われ、かつては女人禁制であった。近年までこの禁則は厳重に守られ、特に例祭の時は、見張りを行っていたほどである。

昭和34年(1959年)に発生した伊勢湾台風は、東海地方に甚大な被害をもたらしたが、参拝した信者の被害が小さかったことが評判となり信者が増加した。

祭神[編集]

例祭[編集]

  • 例年8月27日から6日間で、8月31日に大祭が執り行われる。

所在地[編集]

  • 岐阜県中津川市阿木字川入5740-1

アクセス[編集]

関連リンク[編集]