オーナー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

オーナーowner)とは、所有権者のこと。株式を公開せず独占的に経営権を保有する経営者や、公開していても実質的に議決権の過半数を握っている経営者または大株主を指すこともある。

概要[ソースを編集]

一般に社長がオーナーである場合は「オーナー社長」といい、店主がシェフを兼ねる料理店の場合はそのシェフを「オーナーシェフ」という。賃貸住宅の大家、店舗の店主、企業(新聞社やプロ野球球団が多い)の社主、馬主や自動車、船舶の持ち主などを指す。

多店舗展開になってきた場合、オーナーだけでは手が回らないため、各店舗または、数店舗ごとに「雇われオーナー」を置く場合もある。多店舗展開の場合、各店に店主はおらず、店長がいる場合が多い。

日本野球機構においては、球団を保有し、または支配する事業者の代表者で、球団の役員兼務者であり、球団がコミッショナーへ届け出た者をいう[1]。球団運営会社の親会社の代表者(社長・会長など)がオーナーを名乗ることが多い。オーナー個人が直接あるいは間接的に球団(の大部分の株式)を所有しているわけではない。ただし、一部の球団ではオーナー個人が親会社の経営権を実質的に支配している場合もある。2015年に南場智子横浜DeNAベイスターズ)が就任するまで女性オーナーはいなかった[2][3]

日本ボクシングコミッションにおいては、同組織が管轄するボクシングジムを保有する者に対して同組織が発行する「クラブ・オーナーライセンス」を義務付けており、これを給付された者をいう。

脚注[ソースを編集]

[ヘルプ]

関連項目[ソースを編集]

外部リンク[ソースを編集]