エクロン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エクロンの位置
エクロンの位置

座標: 北緯31度46分39秒 東経34度51分7秒 / 北緯31.77750度 東経34.85194度 / 31.77750; 34.85194

中世のフレスコ画に描かれたエクロンの想像図(1255年頃、アナーニ

エクロン(英語Ekron)は旧約聖書に登場するペリシテ人の5つの町の内のひとつである。「深く根ざした」という意味であると言われる。多くの学者はアキロンをエクロンである主張している。

カナン入国の際にはヨシュアによってはまだ征服されていなかったが、最初ユダ族に割り当てわれた。その後ダン族に割り当てられ、ユダ族によって征服された。

エクロンの住民は、祭司エリの時代にペリシテ人に奪われた神の箱が災害をもたらしたのを見て、自分の町置くことに反対して、イスラエル人に送り返すように提案した。

後に、エクロンの町はガテと共にサムエルによってイスラエルに取り返された。ダビデゴリアテに勝利した時には、ペリシテ軍がエクロンの門にまで退却した。

参考文献[編集]