シュー (エジプト神話)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
シュー
Shu
大気の神
Shu.svg
ヒエログリフ表記
N37H6G43A40
信仰の中心地 ヘリオポリス, レオントポリス英語版
配偶神 テフヌト
アトゥム
兄弟 テフヌト
子供 ゲブ, ヌト

シュー(Shu)は、エジプト神話における大気の神。ヘリオポリス九柱神に数えられる。

概要[編集]

創造神アトゥムを親に持ち、アトゥムの自慰によって生まれた(ラーと習合されたため、ラーともされる)。配偶神は妹でもある湿気の女神テフヌト。彼との間に大地の神ゲブと天空の女神ヌトを成した。 子供たちが抱き合っているところをシューが無理矢理引き離し、天と地とが分かれたとされる[1]。この神話はエジプト神話の中でも特に有名で、横たわったゲブの上にシューが立ち、ヌトを支える図像はよく知られている。

脚注[編集]

  1. ^ 下記邦訳、p.14。

参考文献[編集]

関連項目[編集]