ハトホル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ハトホル
ルクソール美術館にあるハトホルの像
太陽円盤、コブラ、並びに彼女の首飾りと王冠といった、彼女のシンボルのすべてを着けた、牝牛として表現されたハトホルの彫刻

ハトホルあるいは、ハトル(Hathor)、フゥト・ホルは、古代エジプト神話の愛と美と豊穣と幸運の女神。聖獣は牝牛

概要[編集]

その名前の意味は、「顔の家」[1]または、「ホルス神の館(家[2])」[3]と考えられており、ホルとは、ホルスのことを表しているとされる。ここからホルスの母あるいは、ホルス(「エドフのホルス(ホル・ベヘデティ)」)の妻と見做されるようになった。他にも多くの神の夫となり息子と考えられた神がいる。

その姿は、牝牛か牝牛の頭部を持つ人間[4]で表された。人間の女性の姿で表される時も頭には、牛の角が生えていることがあり、角の間に太陽円盤を載せ[4]、牝牛の耳を持つ[2]

ラーの娘、母、妻などに位置付けられ太陽円盤は、その名残りであると考えられる。

家族[編集]

初期のハトホルは、ラーヌトの間の娘とされていた[1]。やがてラーの母、妻ともされた。またラーの牡牛と結婚して音楽の神イヒを産んだ[5]

ラーとの間にホルスを産んだ母と考えられるようになったが通常は、「エドフのホルス」(ホルス・ベフデティ)の妻とみなされた[6]

多くの場合、イヒの父親は、エドフのホルスである。アメン・ラーを父としてイヒもホルス(「ホル・セマウ(上下エジプトの王ホルス)」)と同一視される場合もあった。

コム・オンボでは、夫がセベク、息子がコンス、死者を守る女神としてアヌビスを夫とする場合、息子は、ウプウアウトとされた。

神話[編集]

セトとホルスが戦った時、ホルスの傷を癒した。ここから治療の神とされる。

また死者を冥界に導くとされる。

信仰[編集]

主にデンデラが信仰の中心地とされた。他にエジプト内では、サイスヘルモポリスヘリオポリス、クサエ、ヘラクレオポリスエスナ、エジプト外では、ヌビアプントシナイ半島でも信仰されていた。

ハトホルを信仰する宗教儀式において楽器のシストラム(シストルム)とメナトが用いられていた。

世界を生み出した天の牝牛[1]、鉱山の守護神[7]、ホルスのこの世の姿であるファラオに乳を与える牝牛[6]、妊婦を守る女神[6]などの多様な性格を持ちイシスに次いで広く崇拝された[要出典]

オシリス信仰が主流となるとハトホルは、死者を養う女神とも考えられるようになった[4]。冥界へ行く者達にパンと水イチジクから作られた食物[要出典]を与える役割を持ち[8]、そこから「エジプトイチジクの木の貴婦人」[9]または、「南方のイチジクの女主人」[要出典]、特にメンフィスでは、「イチジクの女主」と呼ばれ[10]、牝牛とともにイチジクも彼女の象徴とされる[4]

ハトホルの頭部を用いた装飾柱は、ハトホル柱(シストラム[11]型柱)として知られる[12]。他にもシストラムや手鏡の柄の装飾にもハトホルの頭が用いられた。

ハトホルは、他の女神と同一視された。まずイシスは、ホルスの母としてファラオの守護者となった。次にバステトは、歓喜、音楽、踊りの性質を引き継いだことで崇拝は、陽気な雰囲気の儀式で行われた[13]。そしてセクメトは、人々を滅ぼしかねないほどの怒りに捕らわれたハトホルの化身とされた[14]

母神の性格から女性ファラオが信仰し、ハトシェプストクレオパトラなどが知られる。

時代が下るにつれハトホルへの崇拝は、イシスらと共にローマ帝国にまで広がっていった[15]。ギリシアでは、アプロディーテーと同一視された[16]

神々に囲まれたハトホルが、新たに亡くなったファラオトトメス4世を出迎えている。エジプト、ルクソール王家の谷のトトメス4世の墓より

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 『エジプト神話』149頁。
  2. ^ a b 大英博物館 古代エジプト百科事典 (1997)、421頁
  3. ^ 「古代エジプト人と神々」41頁。
  4. ^ a b c d 『エジプト神話』153頁。
  5. ^ 『エジプト神話』150頁。
  6. ^ a b c 『エジプト神話』152頁。
  7. ^ 古代エジプト神々大百科 (2004)、143頁
  8. ^ 『エジプト神話』29頁。
  9. ^ Oxford Guide to Egyptian Mythology, Donald B. Redford (Editor), pp. 157–161, Berkley Reference, 2003, 0-425-19096-X
  10. ^ 大英博物館 古代エジプト百科事典 (1997)、421-422頁
  11. ^ 大英博物館 古代エジプト百科事典 (1997)、221-222頁
  12. ^ 古代エジプト神殿大百科 (2002)、149-150頁、177頁
  13. ^ 『エジプト神話』193頁。
  14. ^ 『エジプト神話』200頁。
  15. ^ 『エジプト神話』293頁。
  16. ^ 古代エジプト神々大百科 (2004)、141頁

参考文献[編集]

  • イアン・ショー&ポール・ニコルソン 『大英博物館 古代エジプト百科事典』 内田杉彦訳、原書房1997年ISBN 4-562-02922-6
  • ヴェロニカ・イオンズ『エジプト神話』酒井傳六訳、青土社、1991年(新装版)、ISBN 978-4-7917-5145-7
  • リチャード・H・ウィルキンソン 『古代エジプト神殿大百科』 内田杉彦訳、東洋書林2002年ISBN 4-88721-580-0
  • リチャード・H・ウィルキンソン 『古代エジプト神々大百科』 内田杉彦訳、東洋書林、2004年ISBN 4-88721-674-2
  • 内田杉彦「古代エジプト人と神々」『明倫歯科保健技工学雑誌』7巻1号、明倫短期大学、2004年3月、ISSN 1344-0373。