エジプトイチジク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
エジプトイチジク
Sycomoros old.jpg
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 eudicots
階級なし : コア真正双子葉類 core eudicots
階級なし : バラ類 rosids
階級なし : 真正バラ類I eurosids I
: バラ目 Rosales
: クワ科 Moraceae
: イチジク連 Ficeae
: イチジク属 Ficus
: F. sycomorus
学名
Ficus sycomorus L.
分布
5ナクファ紙幣とモデルとなったFicus sycomorus
シカモアイチジクの実(en:Syconium

エジプトイチジク(学名:Ficus sycomorussycamore figfig-mulberry[注 1]、sycamore、sycomore)、シカモアシカモアイチジクとも呼ばれる。古代から栽培されているイチジク属の種である。古代エジプトでは、生命の木として扱われた。

リンネの『植物の種』(1753年) で記載された植物の一つである[1]

sycamore(syc「a」more)という綴りでは、セイヨウカジカエデプラタナスの別名でも使われる。sycomore(syc「o」more)と綴られた場合は、本種のみを示す[2][3]

分布[編集]

アフリカ南西の多雨林エリアを除く、サヘルの南と南回帰線の北部。それからアラビア半島南部、キプロスマダガスカルのごく一部で自生、そしてイスラエルエジプトでは帰化種として自生する。レバノンの有名なGemmayzeh Streetは、アラビア語の本種の名前 Gemmayz に由来する。

本来、自生していた環境は、川沿いの土壌が肥えた雑木林である。

文化[編集]

植物学者のダニエル・ゾーハリー(1926-2016)とマリア・ホップ(1914-2008)によれば、古代エジプト人はこの種を「ほとんど独占的に」栽培している。この種の痕跡は、紀元前3000年代の初めから大量に出現し始める。古代エジプトでは、生命の木として扱われている[4]。古代エジプト王朝の初期から後期までの墓にも描かれている[5]

エジプトのミイラの棺はこの木からできている。

2015年の研究によれば、シカモアの木は、ケシクミンとともに、鉄器時代にペリシテ人によってイスラエルにもたらされている[6]

庭園

近東では、果樹園や鑑賞用の樹木として広く栽培されている。広く伸びる枝は木陰を作っている。

宗教[編集]

キリスト教とユダヤ教
この木は、旧約聖書で7回、新約聖書で1回登場する。パレスチナでは一般的では無かったが、カナンとエリコではポピュラーであった[7]。ほか、ヘブライ語聖書ルカによる福音書ミシュナータルムードの書にも登場する。
キクユ族
キクユ語: mũkũyũ モコヨケニア最大の部族キクユ族 (キクユ語: Agĩkũyũ) の神話で、神聖な木とされ、そもそもキクユの名もモコヨに由来するとされる。主神ンガイへの生贄は、この木の下に祀られた。この木の葉が落ちるのは凶兆とされ、族長会議が開かれ、儀式が行われた。これらの儀式の多くは、現在でも行われている[8][9]
エジプト神話
エジプトの神話で度々登場する。木の神性を持つハトホルは、エジプト古王国からはLady of the Sycamore と呼ばれた[10]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 葉が(mulberry)の葉と似ていることから

出典[編集]

  1. ^ Linnaeus, Carolus (1753) (ラテン語). Species Plantarum. Holmia[Stockholm]: Laurentius Salvius. p. 1059. https://www.biodiversitylibrary.org/page/359080 
  2. ^ sycomore”. Merriam-Webster.com. 2016年10月30日閲覧。
  3. ^ sycamore”. Collins English Dictionary. 2016年10月30日閲覧。
  4. ^ "Death and salvation in ancient Egypt", Jan Assmann, David Lorton, Translated by David Lorton, p171, Cornell University Press, 2005, ISBN 0-8014-4241-9
  5. ^ Daniel Zohary and Maria Hopf, Domestication of plants in the Old World, third edition (Oxford: University Press, 2000), p. 165
  6. ^ Philistines introduced sycamore, cumin and opium poppy into Israel during the Iron Age. http://www.nature.com/articles/srep13308; sciencedaily.com, 28 August 2015 (retrieved on 25 October 2015)
  7. ^ Moldenke, Harold N. (1952). Plants of the Bible. Waltham, Mass. U.S.A: Chronica Botanica Company. pp. 106-108 
  8. ^ Gikuyu Origins”. Mukuyu (2008年11月13日). 2021年9月19日閲覧。
  9. ^ Mbiti, John (1990). African Religions and Philosophy. Oxford University Press 
  10. ^ Oxford Guide to Egyptian Mythology, Donald B. Redford (Editor), pp. 157–161, Berkley Reference, 2003, ISBN 0-425-19096-X

外部リンク[編集]