プラタナス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
スズカケノキ属
フランス北部
フランス北部
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 Angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 Eudicots
: ヤマモガシ目 Proteales
: スズカケノキ科 Platanaceae
: スズカケノキ属 Platanus
学名
Platanus
L.
和名
スズカケノキ属
英名
sycamore、plane tree

プラタナス学名: Platanus)は、スズカケノキ科スズカケノキ属に属する植物の総称。街路樹・庭園樹として広く用いられている。北半球に自生する樹木であるが、種の数は少ない。大抵30–50 mの高さに育つ。P. kerriiを除いてすべてが落葉性であり、殆どが水辺や湿地で見られ、栽培時に旱魃に耐性があることが証明されている。雑種であるモミジバスズカケノキは都市部でも育ちやすいことが証明されている。

プラタナスの語源は、ギリシャ語platys(広い)であり、大きなに由来する[1]。また、英語では、planes、plane treesと呼ばれる[1]。また、北アメリカの種(特に、アメリカスズカケノキ)は、シカモア(sycamore)と呼ばれることも有るが、もとはエジプトイチジク(学名:Ficus sycomorus)がそう呼ばれており、セイヨウカジカエデも同様にシカモアと呼ばれる[2]

外来種であり、和名はスズカケノキ。スズカケとは篠懸、もしくは鈴懸とも書き、山伏の装束のことである。大峰山の山伏が胸に装着する「結袈裟」につける球形の房(梵天という)に、本種の果実が似るところからきた。

特徴[編集]

葉が大きく落葉樹である(夏は木陰を作り、冬は陽を遮らない)、虫がつきにくい(下に毛虫が落ちてこない)等の特徴から街路樹に適する。海外では古くから街路樹に使われていたが、日本には明治初期に輸入され、目黒林業試験場のほか新宿御苑日比谷公園に少数が植えられていたのみであった。明治40年、東京市都市計画の中で街路樹として初めて採用され、新宿御苑から挿し木用の枝を採取して2万本を目標に培養し、明治43年に当時の芝区桜田本郷町に十数本が植えられたのが街路樹としての最初である。翌44年には神田御徒町に397本、日本橋に63本が植えられ、以後普及を見るに至った[3]

樹皮が剥がれるとまるで迷彩柄のような見た目になる。 1937–1942年、Johann Georg Otto Schickによってデザインされた ドイツのPlatanenmuster 迷彩パターンは最初のドット迷彩パターンである[4]

主な種[編集]


脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b Plane - Online Etymology Dictionary
  2. ^ Merriam Webster.
  3. ^ 東京市編「東京市道路誌」462p 昭和14年
  4. ^ Beaver,, Michael D.; Borsarello, J. F. (1995). Camouflage Uniforms of the Waffen-SS. Schiffer. p. 202. ISBN 1-84176-854-5 

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]