クミン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
クミン
Cuminum cyminum - Köhler–s Medizinal-Pflanzen-198.jpg
クミン
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 eudicots
階級なし : コア真正双子葉類 core eudicots
階級なし : キク類 asterids
階級なし : キキョウ類 campanulids
: セリ目 Apiales
: セリ科 Apiaceae
: クミン属 Cuminum
: クミン C. cyminum
学名
Cuminum cyminum L.
和名
クミン[1]
英名
cumin

クミン英語: cumin[2]、学名:Cuminum cyminum)は、セリ科一年生草本である。中東から東はインドまでひろがる地域に自生する[3]種子クミン・シード)に強い芳香とほろ苦み、辛みがあり、香辛料として用いられる。一般には種子と呼ばれているが、植物学上は果実である[4]。クミンは伝統医学において役に立つと考えられているものの、医薬品として安全または有効性があるとする質の高いエビデンスは存在しない[5][6]

名称[編集]

別名はウマゼリ(馬芹)[7]。漢名は孜然(zīrán)。フランス語ではキュマン (cumin)、オランダ語ではコメイン(komijn)、インド亜大陸周辺ではジーラ (जीरा jeera)。

特徴[編集]

地中海沿岸東部原産の一年生または二年生の草本で、高さは20-40 cm程度。株全体に毛はなく、葉柄は長さ1cm程度と短く、針形の鞘がある。葉は細長い針型で、2回羽状に全裂する。花は傘形花で直径2-3 cm。花弁はピンクまたは白色、長楕円形で、先端がわずかに欠ける。種子は長楕円形で両端が狭く、長さ6 mm、幅1.5 mm程度、全体が白い剛毛に被われている。花期は4月ごろで、5月ごろに種子ができる。

温暖湿潤な気候と水はけの良い肥沃な土壌を好む。暑さや乾燥を嫌うため、多くの地域では冬の作物として栽培される。最大の輸出国はイランだが、インドからヨーロッパにかけて広い地域で栽培されている。同じ種でも栽培される条件によって香りや形質に違いがある[4][8]

歴史[編集]

最も古くから栽培されているスパイスの一つと言われ、紀元前16世紀の古代エジプトの医学書「エーベルス・パピルス」にも記載されているほか、古王国時代の墓所からは副葬品として発見されている。古代ギリシア古代ローマでは薬用や美容、食卓に備え付ける薬味として用いられていた。新約聖書の時代にはパリサイ人はクミンで十分の一税を物納していた。

中世ヨーロッパでも料理や薬用として用いられたが、家禽類の逃亡を防ぐ、恋人の心変わりを防ぐためにライスシャワーにクミンを混ぜる、事前に匂いをかぐと妊娠しやすくなるなど、迷信まじないと関わりがあった[9]

利用[編集]

クミン・シード
粉末に挽いたクミン

種子のクミン・シードは、地中海地域中東中央アジア南アジアの料理に香辛料としてよく用いられる。パンピクルスソーセージミートローフなどでの利用が多く、チーズにんじんともよく合わせて使われることが多い。日本人には馴染みのカレー粉にも配合されており、カレーに特有の香りとわずかな爽やかさを与える。なお辛味は少ない。香りの主成分はクミンアルデヒドである。

トルコ料理ウイグル料理ポーランド料理レバノン料理モロッコ料理スペイン料理でも非常によく用いられる。インド料理には必須のスパイスのひとつで、様々な料理を作る際に、始めに油に香りをつけるためにクミン・シードを油で熱する。ガラムマサラチャツネを作る際にもよく使われる。単独で使うと薬臭く感じられることもあるため、他の香辛料と併用される場合が多い。メキシコ料理テクス・メクス料理ではチリコンカーンなどに用いられるチリパウダーに配合される。オランダライデンにはライツェ・カース(Leidse kaas)と呼ばれる、クミンを練りこんで風味を付けたチーズがある。その他、各国でスープパンケーキピクルスソーセージなどにも用いられる。

クミン・シードは同じセリ科の香辛料であるキャラウェイシードやフェンネル(小茴香)と外観が似るので混同しやすい[10]

薬効に関する伝承や研究[編集]

薬用としてはインド、ヨーロッパでは健胃薬や駆風薬、利尿剤となると言われている[4]

含有される 4-イソプロピルベンズアルデヒド(IPBA)は、腸菅出血性大腸菌(O-157)などが産生するベロ毒素の産生を抑制するとする報告がある[11]

アレルギー[編集]

摂食によるI型アレルギーの症例が報告されている[12]

脚注[編集]

  1. ^ 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “クミン”. BG Plants 和名-学名インデックス. 2019年6月30日閲覧。
  2. ^ [ˈkjuːmɪn]イギリス [ˈkʌmɪn]アメリカ [ˈkmɪn]
  3. ^ Boning, Charles R. (2010). Florida's Best Herbs and Spices: Native and Exotic Plants grown for Scent and Flavor (1st ed.). Sarasota, Fla.: Pineapple Press. p. 79. ISBN 978-1-56164-453-7. https://books.google.com/books?id=uTIoxgzULJcC&pg=PA2&lpg=PA2&dq=isbn+978-1-56164-453-7&q=cumin. 
  4. ^ a b c サンティッチ,ブライアント 2010, p. 283.
  5. ^ Cumin”. Drugs.com (2018年). 2018年2月24日閲覧。
  6. ^ クミン - 「健康食品」の安全性・有効性情報(国立健康・栄養研究所
  7. ^ 福田一郎「64.ネパールの香辛料に関する研究」『紀要論文』第34巻第3号、東京女子大学、1984年、 741-762頁、 NAID 110005999464
  8. ^ 武政 1997, pp. 73-75.
  9. ^ フリーマン 2009, pp. 61-62.
  10. ^ クミン/Cuminエスビー食品 スパイス&ハーブ検索 2015年5月9日閲覧
  11. ^ 武政二郎, 横井川久己男、「クミンの腸管出血性大腸菌O157によるべロ毒素産生の抑制の解析」『日本食品保蔵科学会誌』 2012年 38巻 4号 p.217-223, NAID 10030964095, 日本食品保蔵科学会
  12. ^ 原田晋, 松永亜紀子, 宮地里江子, 正木太朗, 森山達哉、「セリ科スパイスアレルギーの2例」『アレルギー』 2007年 56巻 12号 p.1515-1521, doi:10.15036/arerugi.56.1515, 日本アレルギー学会

参考文献[編集]

  • マーガレット・B・フリーマン、遠山茂樹訳 『西洋中世ハーブ事典』 八坂書房、2009年。ISBN 9784896949254 
  • バーバラ・サンティッチ; ジェフ・ブライアント、山本紀夫訳 『世界の食用植物文化図鑑』 柊風社、2010年。ISBN 9784903530352 
  • 武政三男 『スパイス&ハーブ辞典』 文園社、1997年。ISBN 4893361015 

外部サイト[編集]