アオモジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アオモジ
木薑子(山蒼樹) Litsea cubeba -香港嘉道理農場 Kadoorie Farm, Hong Kong- (9216080140).jpg
アオモジ
分類
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 Angiosperms
階級なし : モクレン類 Magnoliids
: クスノキ目 Laureales
: クスノキ科 Laureaceae
: ハマビワ属 Litsea
: アオモジ Litsea cubeba (Lour.) Pers.
学名
Litsea cubeba L.[1]
和名
アオモジ(青文字)
英名
May chang

アオモジ(青文字、学名:Litsea cubeba)は、クスノキ科落葉小高木中国日本九州および、古琉球とされた地域)、台湾インドネシアおよび他の東南アジア原産。

別名[編集]

リトセア・クベバ、リッツェア・クベバ、メイチャン

漢語名[編集]

山蒼樹、山胡椒等と呼ばれる。[2]

台湾原住民タイヤル族の言葉(タイヤル語)でmaqawと呼ばれ、「馬告」と表記される。

特徴[編集]

高さは3メートルから5メートルほどになる[3]雌雄異株で、木部果実のそれぞれに芳香がある[4]。木部は、家具民芸品として、果実は、エッセンシャルオイルの抽出に利用される。

油の抽出[編集]

果実からの精油の抽出率は3〜5%ほどであり、その70〜85%はシトラールである[5]。中国における精油 "Litsea cubeba"としての農園栽培による年間の産出量は500トンから1,500トンにおよび、石鹸の香料や“香味”そのものとして、またビタミンAスミレを模倣した香りの原料にも用いられる[6]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

参考文献[編集]

  • 邱年永、許喬木共著『原色野生食用植物圖鑑』南天書局有限公司、1993年、283頁。ISBN 9789576381478
  • 國立編譯館、鄭武燦編著『臺灣植物圖鑑 (上冊)』茂昌圖書、2000年2月。ISBN 9578981619
  • Lawless, Julia (1995). The Illustrated Encyclopedia of Essential Oils. Element Books Ltd. ISBN 1-85230-661-0